JR博多駅T-JYOY

日記・思うがまま

やっぱり時代劇はいいよな~

病院の帰りにJR博多駅にあるT-JYO博多で映画を鑑賞。
藤沢周平原作の闇の歯車。
この映画は1週間限定の上映で、今日が最終日だった。
闇の歯車
僕も一度は時代劇に出てみたいと思っているが、まったく声がかからないというか事務所がこういう時代劇作品への営業活動には馴染みがないから仕方ない。

それより、出演者の瑛大。
僕にはあんまりなじみがない役者だが、主役の左之助に扮したが、着物も粋に着こなしていたし、ハードボイルドなストーリーがよく似合う。もう一人の主役である盗賊伊兵衛を演じるのが橋爪功で、これまた現代劇の出演してるときの飄々とスタイルをそのまま時代劇に持ちこんだが、これに鋭さ、冷徹さを加えた渋い演技には感服した。

映画は隅田川の川端にひっそりとある赤提灯に飲みに来る客のストリーから始まる。互いに話すこともなく黙々と盃を重ねる4人の常連。30過ぎの浪人(緒方直人)と危険なにおいの遊び人(瑛大)。白髪の隠居(大地康夫)と商家の若旦那(中村蒼)。ここに4人を<押し込み強盗>に誘う謎の男(橋爪功)があらわれた。そして、それぞれに関わる女達。誰が操るのか、皮肉なさだめに人を引き込む、闇の歯車が回る。

物語はシンプルだ。文庫本で二五〇ページほどの長さしかない。描写は切り詰められ、文体は藤沢周平史上もっともドライ。男たちの心のうちの修羅が、最小限の乾いた言葉で見事に浮き彫りとなる。彼らの夢と破滅が、酷薄な運命観に支配された息づまるドラマとして屹立するのである。

2月8日BS時代劇チャンネルでも放送されるので、もう一度ゆっくり観たい。

ピックアップ記事

  1. アップルハート福岡南さんで朗読劇
  2. 佐賀県PR動画「あさご藩」
  3. 博多織もっと身近に
  4. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  5. 喝采・旅芸人の唄に出演

関連記事

  1. やまつばさ

    日記・思うがまま

    露天の壺湯が最高

    ここ一週間ほど、昨日まで原稿書きで籠っていたが、原稿もアップしたので、…

  2. 日記・思うがまま

    葉室麟の峠しぐれを演じたい

    最近、葉室麟の時代小説にはまっており、映画化された蜩ノ記に始まって、さ…

  3. ミニ盆栽ボケ

    日記・思うがまま

    盆栽を楽しむ

    正月に我家にやってきたボケ。やってきた理由があって、年末から作りだ…

  4. 居酒屋芯

    日記・思うがまま

    お互い増えた白髪とシワを酒のおかずにして妻と忘年会・・・

    愛妻は僕より9歳年下。結婚してから30年過ぎた。僕は長年働いたデパ…

  5. 日記・思うがまま

    今日のサラメシ

    天神に出ると岩田屋新館の素屋か、やぶ金で蕎麦を食べるのが楽しみ。最近は…

  6. 日記・思うがまま

    上腕骨外側上顆炎の続き

    結局は、来週のゴルフは不参加となって、少々塞ぎ込んでおりまする~。…

ポチッと応援よろしく!

ピックアップ記事

  1. 民謡大会入賞
  2. 博多織
  3. 唐津城
  4. 旅芸人の唄
  5. 朗読劇

ツイッターで暇つぶし




  1. 旅芸人の唄

    CM・舞台

    喝采・旅芸人の唄に出演
  2. 民謡大会入賞

    民謡

    民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  3. 朗読劇

    CM・舞台

    アップルハート福岡南さんで朗読劇
  4. 唐津城

    CM・舞台

    佐賀県PR動画「あさご藩」
  5. 博多織

    日記・思うがまま

    博多織もっと身近に
PAGE TOP