婚活~結婚

披露宴の料理試食会予約はこうする

披露宴に出される料理を試食できる結婚式場があります。まず試食をして美味しければ披露宴会場をそこに決定することもできます。なので、できるだけ色々な結婚式場の料理試食会に出かけてみるのもいいです。

結婚式場料理の試食におけるチェックポイント

披露宴での料理は、招待客のことを第一に考えて選びます。

料理の内容は招待客の印象を大きく左右し、当日の満足度にも関わってきます。
披露宴の成功の鍵を握る大きなアイテムのひとつですから、決定は慎重に。
試食は必ず行ないましょう。

最近は披露宴の料理の内容も多彩になり、和食、フランス料理、中華のほか、イタリア料理などコースの選択肢が増えてきました。
若い出席者が多い披露宴では、着席ブッフェを選ぶケースも少なくありません。

最近は「ふたりらしさ」の感じられる式や披露宴が人気なので、料理コースの内容も、単品の差し替えが可能だったり、前菜や主菜を招待客に合わせて選べるなど、ふたりの意見を取り入れてくれる会場が増えています。
デザート・ブッフェも急激に人気が出てきたスタイルで、若い女性の招待客に好評です。

料理のコースは価格によってランクが異なり、最上級から2番目のコースが人気が高いそうです。
しかし高額な料理ほどおいしいかといえば、決してそんなことはありません。
式場はどこでも、料理には力を入れています。
安い料理だから手抜きをするということもありません。
まして、安いから品数が少ないということはなく、料理はフルコースが出てきます。

披露宴会場の下見をして、きちんと打ち合わせをしましょう

下見の結果、料理の見栄えや、味にさほど遜色がないのであれば、予算の範囲で料理を設定することが大切です。
どこで料理の値段が違ってくるのか、会場の担当者に遠慮せず確かめましょう。

当日の会場内の給仕担当者(配膳係)の人数も確認しておきます。
招待客8人につき1人というのが基本で、これより人数が少ないと、料理をベストな状態で運べない心配があります。

飲み物の内容も検討しておく

飲み物は飲み放題のフリードリンク制が主流ですが、会場によってアイテム数や種類が異なるので注意をします。
招待客の顔ぶれを考え、年配の男性が多ければ洋食でも日本酒を加えるなどの配慮を。
その際は、コースの前に軽いつきだしを頼んだり、前菜だけ和食の八寸風にアレンジしてもらってもいいでしょう。

老人向け、子ども向け、アレルギー体質向けの料理

料理招待客のなかに老人や子ども連れの人、さらにはアレルギー体質の人がいる場合は、その人たちへの配慮が必要になります。

会場によっては、年配者と若い人とで料理を分けることもできますが、年配者のなかにも「刺し身よりステーキのほうが好き」という人がいたりします。
あまり細かく分けてしまうと「あっちの方がおいしそう・・・」ということになりかねませんから、特別料理を用意するのは「歯の弱いお年寄り」や「幼い子ども」など、最小限にとどめておいたほうが無難です。

結婚式料理の試食をしよう!

最近の結婚式場では、披露宴料理の試食サービスを行っています。料理がまずかったりしたらせっかくの結婚式も台無しです。結婚式場選びのポイントのひとつに「料理試食」というのがあります。人気のある式場ではブライダルフェアをやっており、これは無料で利用でき試食や花嫁衣裳の試着もあり、結婚式全般の相談もできるので、おすすめします。
東京中心および周辺の地域より探すならこちら
全国から探すならこちら

料理の美味しさを左右する要素

初回の試食会ではサービスの心地よさ、スタッフの動きを確認しておくといいです。試食をしない場合も1と2は見学の時点でチェックしておきたい。4と5は打ち合わせが始まってから意識してみるといいでしょう。

会場の明るさと雰囲気

外資系のホテル式場だと照明を落とすのがよりフォーマルという考えに従っていることが多い。雑誌やホームページの写真が気に入っても実際に見ると印象が違うこともあります。また昼と夜で雰囲気に違いがある会場の場合は結婚式の希望時間に訪問してみるのもいいでしょう。

食器やテーブルウェアのセンス

利用者が少ない式場を選ぶと目に付くのがテーブルです。ゲスト満足度を高める上でもセンスにはこだわりたい。一流料亭や有名ホテルなどでは食器類も一流を厳選しています。新郎新婦に食器を選ばせてくれる会場もあります。併せて装花のセンスも要チェック。

スタッフの応対

実際にゲストのもとへ料理を提供するスは派遣やアルバイトも含まれており、どれだけ内容に精通しているか式場のレベルがわかります。アルコール類や食材の知識があるかどうか。これらは食通のゲストが多い披露宴では重要な要素になります。ゲストを想定して気さくに質問をしてお互いが確認しておくのも大事です。

結婚式当日の席次

見学の時点ではあまり気にしなくていいですが、ゲストの会話が弾むかは披露宴を楽しめるかどうか大きなポイントです。なので、一人で参加するゲストには特に配慮してあげること。見学時は席と席の間隔など自分たちの目で見ておきましょう。

メニュー表の充実度

こだわらくても問題ないですが、オリジナルでメニュー表を用意するなら料理のテーマやメニューを決めた理由など盛り込むのもいい。二人の故郷にまつわる名産品を使用する場合もメニュー表で紹介したりできます。

料理の値段の違いはどこから?

値段の違いは料理の内容(素材)に起因することが多く、トリュフや松茸を使うかシイタケを使うか、霜降り和牛のステーキか輸入牛肉のステーキか、といった違いであることがほとんど。
フランス料理だと、メインの魚と肉の間に口直しのシャーベットが出るか否かといった違いがあることも。

どこで値段の違いが出ているのかは、担当者に率直にきいてしまいましょう。
別に失礼なことではありません。

気をつけたいのは着席ブッフェを選択したときです。

これは値段の違いが如実に出やすいのです。

料理の品数や内容の違いはもちろん、金属トレーに料理をのせて終始温めてくれるのか、それともあらかじめ盛り付けられた料理のお皿が冷たいままズラッと並ぶのか。
ロースとビーフは担当者が目の前で切り分けて皿にのせて渡してくれるのか、あらかじめ皿に盛られて並んでいるのか、前者と後者では、招待客の心象が違うのは明らか。内容は細かいところまで慎重に確認しましょう。

人気のデザート・フッフェとは

フルーツやケーキ、ムース、アイスクリームなどのデザートがズラッと並んだテーブルに招待客が出向き、好きなものを好きなだけチョイスできるシステムです。
ケーキは招待客が自分でとる場合と、ホテルの担当者に「これ」と指さしてサーブしてもらうケースがあり、後者のほうが高級な印象かも。

飲み物も、席までサーブしてくれる場合と、ブッフェのテーブルの隣で招待客が自由にサーブするケースがあります。
席を離れてテーブルに向かうことでゲスト間に親近感が出て、アットホームな雰囲気が生まれる効果もあります。

どんな内容のものがどのくらいの量並ぶのかはきちんと確認します。
「ブッフェ」といいながら、あっという間になくなってしまうパターンは避けたいところ。
行なうならば、招待客の顔ぶれも考慮したほうがいいでしょう。
招待客1人につき、1000円程度の予算で組み込めます。

/marriage/wedding/wedding-3/

ピックアップ記事

  1. ビキニラインの黒ずみ
  2. 口の中がネバネバする人の口臭は強い原因を調べました
  3. 博多織もっと身近に
  4. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  5. 佐賀県PR動画「あさご藩」

関連記事

  1. 婚活~結婚

    花嫁衣裳の選び方と挙式・披露宴における着こなし術

    花嫁衣装は新婦にとっては、一生に一度限りの晴れ姿をご両親、親せき、友人…

  2. 婚活~結婚

    仲人をお願いする手順と両家の役割とマナー

    仲人の人選はどのようにするのか?仲人をお願いする手順や両家の役割とマナ…

  3. 婚活~結婚

    挙式や披露宴を演出するブーケの選び方

    最近人気のあるブーケのデザインや演出法ブーケも含め、以前は造花を利用…

  4. 婚活~結婚

    二人でする披露宴の段取りや招待状の原案、人選について

    結婚式や披露宴に招待する人選や招待状の原案作成は新郎新婦が中心になって…

  5. 婚活~結婚

    披露宴の準備とスピーチ依頼や招待客へのマナー

    披露宴は大小関係なく新郎新婦、両親、招待客にとって一生忘れがたい宴席で…

  6. 結婚式の種類

    婚活~結婚

    結婚式の種類・内容・費用など

    結婚式の種類人前結婚式の形式や費用ふたりの結婚の誓いを神や仏に立て…

最近の記事

  1. 帯買取
  2. 帯買取

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 病気と健康

    爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?
  2. 病気と健康

    乳がんは女性のがん第1位
  3. 花粉症対策

    花粉症に感染しやすい人と感染しにくい人の違いを調べてみました。
  4. 突発性難聴

    病気と健康

    耳や聴神経、脳に障害がなくても、耳鳴り・難聴・めまいが起こります。
  5. ひざ・関節の痛み

    病気と健康

    ひざ・関節の痛みをやわらげるには金時生姜などの陽性食品を食べる
PAGE TOP