病気と健康

STD(性感染症)

若者の間で急増している性感染症。女性のほうがかかりやすく、症状がないまま広がっている。

セックスでうつる病気

かつては、性病と呼ばれていましたが、性病予防法が廃止され法律上、性病という言葉はなくなりました。
感染症のひとつとして現在は考えられています。
近年、性感染症は増えていると言われていますが、女性では20代前半、男性では20代後半の年齢層に最も多くいます。
特に、クラミジア感染症は急増。次にヘルペス。
クラミジアに感染している人は、高い確率でHIVにも感染しやすいと考えられます。

性感染症は、女性がかかりやすく、リスクが大きいのもやっかいです。
女性は、性器の内側が粘膜でおおわれているため感染しやすく、性器が奥に深い構造なので知らないうちに奥へ奥へと感染が進んでいることが多いのです。

また、卵管等が炎症を起こして不妊症になったり、出産時に赤ちゃんが産道感染すると、先天性の病気をもつ危険性も高まります。

粘膜、体液から病原体に感染する

セックスなどの性行為により感染します。
複数のパートナーとする男女が増えたことで感染が広がります。
性感染症について無知で、コンドーム等の使用をしていない無防備なため。
知らないうちに病状が進んだり、うつしたり、うつされたりしている。

忘れた頃にやってくる

潜伏期間があり、忘れたころに症状が現れることが。
ウイルスは、治療しても死滅しないので根治がむずかしく、ずっと体内にいつづけます。

婦人科、泌尿器科、皮膚科で受けられる

検査法には、視診、おりもの検査、血液検査があります。
検査自体は簡単なものです。女性は婦人科で、男性は泌尿器科で受けられます。
毛じらみ・疥癬は皮膚科で受診しましょう。

まずはコンドームが鉄則

必ずコンドームを使うのが安全策。生理中のセックスや出血を伴うセックスは、性感染症に感染するリスクが高いので避けるのが無難でしょう。

カンジダ膣炎はSTD(性感染症)に含まれない。カンジダはカビの一種で、身体のあちこちに常在し、約1割の女性は膣の中にこの菌が常在しているといわれます。
菌が異常増殖しておこるのがカンジダ膣炎。
性交でも感染しますが、男性から女性への感染は少なく、STDとは一線を画します。

ピックアップ記事

  1. 爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?
  2. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞
  3. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  4. 博多織もっと身近に
  5. 喝采・旅芸人の唄に出演

関連記事

  1. 病気と健康

    摂食障害になりやすい人の特徴や生活習慣を調べました。

    多くの日本女性が「やせたい」と思っていますよね。 やせている人ですら、…

  2. 高血圧予防サプリメント

    病気と健康

    高血圧の改善に特定保健用食品がいいって本当かどうか調べました。

    高血圧を改善するのに、もっとも手っ取り早い方法は、医師に処方された降圧…

  3. 坐骨神経痛の原因と症状

    病気と健康

    坐骨神経痛になりやすい女性に共通する姿勢や生活習慣を調べてみました。

    坐骨神経痛になりやすい人の姿勢や生活習慣がわかったのでシェアします。…

  4. 病気と健康

    子供のわきが治療の進め方を色々と調べました

    子どものワキガについて対策や治療法を色々調べてみました。遺伝から…

  5. 病気と健康

    乳頭付近の乳ガン

    北斗晶さんが乳ガンの右乳房全摘出手術を受けると聞いて驚きました。毎年…

  6. 人間ドック

    病気と健康

    出産後に多い下肢静脈瘤とは?自己診断してみてください。

    下肢静脈瘤は足の血管がボコボコ浮き出ている、クモのすのように透けて見え…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 婚活~結婚

    婚約の形式と両家の役割や費用・婚約解消マナーについて
  2. 柳武先生のギターレッスン

    ベンチャーズヒット曲にトライ!

    プロの演奏は気持ちいい
  3. 外郎売

    日記・思うがまま

    外郎売の台詞と上達のコツ
  4. 膝の黒ずみ

    ボディ部位悩み

    居酒屋さんのバイトで膝の黒ずみが気になったりしない?
  5. 花粉症対策

    鼻水・目のかゆみに内服薬が効かない時に即効の点鼻薬・目薬を調べました。
PAGE TOP