素肌美人

美容・スキンケア

素肌美人をキープするなら洗顔の基本と大切さを知るべし

女性なら誰でも、すっぴん美人でいられるならどれだけ嬉しいことか。でも現実は素肌のトラブルで悩んだことがあると思います。
しょっちゅう、肌のトラブルに悩まされている人はストレスも溜まりますよね。
年齢を重ねることによって、仕方なく起こってくる肌トラブルもあります。
また、環境の変化、仕事のストレス、体調、季節によって発生する肌トラブルもあるでしょう。
女性の肌はこうした環境の変化に弱いようで、職場が変わって乾燥肌になった、と言うような話も聞きます。
また、春先は決まってにきびが出るなど、季節によって肌の調子が変わってくる人もいるようです。

加齢による肌トラブルは仕方がないの?

特に、肌トラブルで目立つものは、毛穴でしょう。
毛穴が広がり、毛穴が黒ずみ、ニキビが発生します。
他にも肌トラブルと言えば、乾燥肌、肌荒れ、そばかす、しみ、などですね。
年齢が上がっていくにつれて、肌トラブルは発生するもだから、仕方ないと諦めている人も多いようです。

ですが、本当にそうでしょうか?
発生してしまった肌トラブルを、そのまま放置しておく、どんどん進んでしまいます。
小さいしみだったのが、どんどん広がってしまうこともあるでしょう。
ですから、諦めないで、肌トラブルをなんとか最小限にするように、努力する必要があります。

肌トラブルの発生は洗顔石けんで予防できます

発生する前に予防する。
これは何事でもそうですが、肌においても良い洗顔石鹸を使って予防するという手があります。
毎日のことですから、肌に良い洗顔石鹸を選び、それを使う、その積み重ねが大事です。特に若い人は、現在の状態に安心してしまうことが危険なのです。
今は肌トラブルも見られない美しい肌を持っているでしょうが、10年先はどうでしょう?
未来の自分のために、今、お手入れをするべきなのでしょうが、若いうちはそれに気が付かない人が多いです。
私も、しみが出てきてから慌てて、洗顔石鹸でのスキンケアを始めました。
みなさんも、毎日、数回の洗顔をしていると思いますが、そこでよい洗顔石鹸を使う、使わないでは、将来の肌に大きく差が出てしまうでしょう。

スキンケアの代表であり、基本中の基本といえば、洗顔ですよね。

正しい方法で毎日、洗顔していれば、それだけでスキンケアになります。
これだけで肌トラブルは防げる可能性があるのです。
例えば、肌にダメージを与えるような洗顔方法をしていたり、洗顔石鹸の選び方が間違っていたり、そうしたことで日々、肌にストレスを与えてしまいます。
みなさんもご存知のように、天然成分で作られた石鹸は肌に良いです。
天然成分が肌を元気にしてくれて、きれいにしてくれるサポート力がある洗顔石鹸を使いましょう。
また、効果のある洗顔石鹸で毛穴の汚れをなくしておくことがにきびの予防となります。
すでに、にきびが出来てしまっている肌には、低刺激の洗顔石鹸をつかいましょう。
肌に優しく低刺激の洗顔石鹸を選んで、根気よく洗顔を続けていれば、にきびも遠ざけることが出来るでしょう。

正しい洗顔方法

洗顔は大事なスキンケアですから、肌のお手入れをする意識を持って、洗顔したいものです。
肌の洗浄はごしごししなくても大丈夫です。
適切な方法で、正しく洗顔することが出来たのなら、毛穴の中まできれいに洗うことが出来るでしょう。

洗顔石鹸で顔を洗う、その正しい方法をご紹介したいと思います。
朝など、冷たい水で洗顔したほうが、目が覚めるという理由で、水を使って、ばしゃばしゃ洗っている人も多そうですね
洗顔には、ぬるま湯がお勧めです。37度くらいのぬるま湯がよいでしょう。

朝は忙しくて難しい場合は、洗顔前に蒸しタオルを使って顔を温めて置くのがとても効果的です。
タオルを水で濡らしてレンジで1分間チンすれば、簡単に蒸しタオルが出来ますよ。
朝は無理だとしても、帰宅後など、顔の汚れが多そうな時はやってみると効果的ですよ。

では、洗顔石鹸を泡立てましょう

泡で洗うことが大切、これはスキンケアの基本と言っても良いでしょう。
きめ細かい泡を作ることが出来ると一番良いです。
洗顔ネットを使って泡立てると上手に泡立ちますよ。

洗顔石鹸に専用の泡立てネットがついていつ場合が多いですが、ない場合は100円ショップでも購入できます。

なるべく濃くて細かい泡を作るようにがんばりましょう。
生クリームのような泡が出来たら理想的ですね。

そして、この泡で洗顔していきます。
洗顔石鹸の泡を、鼻、額に乗せて行きましょう。
次に、顔の全体に、泡を乗せますが、顔を包み込むように乗せて下さい。

顔全体に泡を乗せたら、指先で円を描くように、くるくると、泡を滑らせます。
ごしごしと強くこすってはいけません。
優しく丁寧にくるくると、泡で指先を滑らせます。

肌全体をこの方法で洗い終わったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。
すすぎ残しがないように、しっかりすすぎましょう。
いくら肌に良い成分が入っている洗顔石鹸でも、その泡を残したままでは、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

以前、歌手の松田聖子さんが、何かのテレビ番組でスキンケアのポイントを聞かれていました。
その時、聖子さんは洗顔のすすぎだけはしつこいくらいにしていると、おっしゃっていました。
それを聞いた私も、それから、すすぎを丁寧にするようになったのは言うまでもありません。

洗顔石鹸の泡がすすぎ終わったら、タオルで顔を拭きます。
これは、誰でもやっていることでしょうが、ここでもポイントがあるのです。

この時、使うタオルは、水分を吸収しやすいタオルを使って下さい。
ですから、おろしたてのタオルなど、水分を吸い取りにくいものはNGです。
吸水性の良い洗顔後に使いたいタオルを、特別に数本買っておいても良いかもしれません。
ちょっと贅沢ですが、毎日のスキンケアに繋がりますからね。

ごしごし、顔を拭かずに、肌にタオルをぽんぽんと当てて、水分を吸い取ります。
タオルでこすることは、肌を痛めてしまいますから気をつけましょう。

洗顔の回数ですが、いくら良い洗顔石鹸を使っているからと言って、何度も洗うことは肌に良くありません。
朝、晩で十分なのではないでしょうか?
もちろん、思春期の学生たちは、もっと洗ったほうがにきび予防にも良いかもしれませんが。

朝、洗顔石鹸で顔を洗うのは、寝ている間についた皮脂汚れを落とすためです。
睡眠中は何もしていなくても、新陳代謝が行われていて、肌にも要らないものがたまっています。

そして、夜洗顔するのは一日の汚れを落とすためですよね。
日々、皮膚には、脂質や、老廃物などが溜まってしまいますが、これらは肌にとって負担になります。

洗浄力のある洗顔石鹸で肌の脂質を全部落とすことは、返って肌をいためますので、不要な分を落とす程度に考えたいものです。

洗顔は、毎日行うスキンケアです。
一生に行う洗顔回数もすごい数ですよね。
ですから、正しい方法での洗顔を続けていれば、美しい肌を手に入れることの第一歩となるでしょう。
洗顔石鹸の効果を最大に引き出すことも、正しい洗顔方法なら可能ですからね。

ピックアップ記事

  1. アップルハート福岡南さんで朗読劇
  2. 佐賀県PR動画「あさご藩」
  3. 爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?
  4. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  5. 花粉症に感染しやすい人と感染しにくい人の違いを調べてみました。

関連記事

  1. 980円美顔器

    美容・スキンケア

    アラフォーのたるみ顔に980円美顔器を使った効果は!?

    冬場になると乾燥するので、どうしても目や口の周りがたるんできた感じがす…

  2. たるみ・しみ

    美容・スキンケア

    すぐにできる「たるみ・しみ」予防対策

    肌のたるみは老化だけでなく体内の余分な水が原因となっている場合もありま…

  3. 美容・スキンケア

    ブツブツ毛穴をツルツルすべすべにする有効な成分

    頬や小鼻にブツブツと毛穴が目立つ人がいますが、毛穴が開く原因は次のよう…

  4. 美容・スキンケア

    すっぴんでもキレイな肌を作る美白成分と化粧品

    春の日差しが気になるころ、いっせいに流れる美白化粧品や日焼け防止のCM…

  5. 美容・スキンケア

    小鼻のブツブツ(角栓)を取る洗顔方法

    春先になると小鼻の毛穴が開いてブツブツが目立つようになったり。ニキビが…

  6. 美容・スキンケア

    女性願望の男性もこっそり豊胸手術している日本人女性に最適な豊胸術のメリット・デメリット

    胸が小さいでのハリウッド女優のような魅力あるオッパイ胸を作りたいという…

最近の記事

  1. 帯買取
  2. 帯買取

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 花粉症対策

    花粉症に感染しやすい人と感染しにくい人の違いを調べてみました。
  2. 病気と健康

    爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?
  3. 突発性難聴

    病気と健康

    耳や聴神経、脳に障害がなくても、耳鳴り・難聴・めまいが起こります。
  4. 博多織

    日記・思うがまま

    博多織もっと身近に
  5. 朗読劇

    CM・舞台

    アップルハート福岡南さんで朗読劇
PAGE TOP