福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

佐賀タンス長持ち唄 民謡

令和を祝った10連休も今日が最後ですな。ちょうど1週間前の4月29日(祝・月)は、大川市で「民謡民部少年少女福岡県大会」と「福岡県シニア民謡選手権大会」が開かれ、僕は佐賀県民謡の佐賀箪笥でエントリー。
佐賀箪笥長持唄は結婚式の披露宴なんかでもよく唄われる。
僕の息子3人が結婚式を挙げたら、唄ってやろうと思い、練習してきた。
だけど年頃になった今も「父さん、結婚します」なんて、誰も言ってこない。
佐賀タンス長持ち唄

上の二人は彼女はいるそうだが、「結婚せんとか?」と聞いても空返事。
こっちはどうでもいいんだが、子孫繁栄のためにも先行き少々不安。
しかし今の若いもんは晩婚傾向ですな。
こんな風で一向に結婚式で唱えるのはまだ先のようだ。

大川市といえば、昭和歌謡の名曲を数々生み出した古賀政男さんの生誕の地。
あいにく時間的な都合で見学できなかったが外観だけは観れた。
佐賀箪笥長持唄で優秀賞
僕がお世話になっている宗像楽謡会から10人がエントリーして。
小学1年部では優勝。シニアでは僕を含めて2人が準優勝と優秀賞に。

4月はこのシニア選手権大会の前に九州民謡大会も行われたのが、そこでは入賞もしなかった。
人間は年を取っても表彰されるものはいいもんです。

民謡は奥が深い。
民謡で優勝・・・まだまだ精進は続きますバイ。

タイトルとURLをコピーしました