お金

初心者でも儲かる金投資の種類と方法

金投資って単純に金を売り買いするだけではないのですね。金投資について勉強して金投資の儲け方や種類についてわかったことをシェアします。

初心者でも儲かる金の投資方法

金の現物購入が一番わかりやすいですが、それ以外にも、現物は手にせず金価格に連動する金融商品(ETF,CFD,金先物)に投資する方法もあります。
金の現物を購入するにしても、まとまった量、まとまった金額が用意できなくても、数千円~数万円単位で毎月コツコツ購入していく純金積立もあります。
現物を手元に置くのをためらう人は、ETFやCFDを選ぶのも方法。
肝心なのは自分にあった投資法を選ぶべきです。
初心者は純金積立、投資経験者は金CFDや金ETFなどのように。
肝心なのは自分にあった投資法を選ぶべきです。
初心者は純金積立、投資経験者は金CFDや金ETFなどのように。

自分にあった金投資の方法を選ぶ
投資方法 特徴 リターン リスク
純金積立 毎月~定額を投資して、金を継続購入できルシステム。月々1000円くらいから設定できるので、初心者も気軽に始められる。 低い 低い
金地金 5g~1kgなど重さも大きさも色々な種類がある金の現物。品位やブランドの刻印がその価値を証明しています、 低い やや低い
金貨 メイプルリーフ金貨(カナダ)、カンガルー金貨(オーストラリア)、ウィーン金貨(オーストリア)、などがあります。デザインも楽しめるのでコレクションとしても人気あり。 低い 低い
金ETF 金価格に連動する投資信託。金の現物の裏付けがあり、実際に金と交換できるものと、現物の裏付けのない債券型のファンドがあります。
金CFD 金の先物価格に投資することが可能。基本的には、金先物取引と同じ仕組で、レバレッジを設定できる。現物を購入することなく、買値と売値の差額を得る取引。投資経験者に人気があります。 高い 高い

流動性・換金性・コスト、保管に注意

金投資の種類
金投資商品を選ぶうえで注意したいのは、①流動性・換金性 ②取引コスト ③保管方法の3ポイント。
流動性・換金性とは、いつでも適正な価格で売買でき、お金に換えやすいこと。
投資商品のなかには、市場価格とはかけ離れた値段でしか売買できなかったり、買いたいときや売りたいときに取引できない商品もあります。
金投資商品の多くは流動性・換金性に優れていますが、現物の場合、売却に制約が生じることもあるので注意が必要。

取引コストとは、取引にかかる手数料や税金などのこと。
この仕組みは証券会社や商品ごとに異なり、当然ながらコストが大きいほど利益は小さくなってしまいます。

また金地金や金貨などの現物は、どのように保管するかも重要なポイント。
盗難や火災などのリスクに備えるだけでなく、保管コストもなるべく抑えられるのがベスト。

金投資における選択肢

金投資における選択肢は、何に投資するか、どこで買うか、自分の投資スタイルに合わせて選ぶことです。

金購入手数料の価格差

金投資金地金を買う際の手数料の価格差が広がってきています。
売れ筋の100g地金で購入手数料がゼロの販売店が登場。
購入を検討している人には、手数料を含めた総費用に改めて注目するきっかけとなりそうです。

金地金は店頭やインターネットで購入が可能。1㎏や100gなど幅広いサイズの地金を用意し、金の国際相場や為替動向を反映して、毎日1gあたりの地金の代金を算出しています。

手数料は、貴金属会社が金地金を販売用サイズに加工する加工賃などが主。
小さいサイズほど加工の手間がかかるため、500g未満の地金では手数料が高く設定されていることが多い。
一方、500g以上の地金は手数料ゼロがほとんどです。

100g地金の手数料は5400円程度が中心。
最も高いのは、田中貴金属工業で1万6200円。
中堅の日本マテリアルは手数料を5000円からゼロにしました。
個人向けの地金販売を増やす狙いがありそうです。
背景には、100g地金の販売が伸びていることがあります。

2012年の所得税法の改正で金地金の売却額が200万円を超えると、取引記録が税務署に通知されるようになりました。
500g地金は現在の相場で200万円以上しますが、100g地金は45万円前後。
1kgを100gの地金に分割して買う人も出てきています。

田中貴金属工業などに比べ、日本マテリアルの消費者への認知度は低い。
手数料ゼロ化は、消費者への訴求力向上、シェア拡大という狙いがある。

金地金を購入するときは、地金の品質にも注意が必要。
地金を売るときの価格が変わってくるからです。
貴金属店の買取り価格は、基本的に日本金地金流通協会やロンドン地金市場協会の国際的な品質保証がある地金が対象。
それ以外の地金は純度など品質の信用力が低いとみなされ、買い取り価格が安くなる。
1割以上安くなるケースもあり、手数料の差額を帳消しにしてしまうので注意が必要です。

金への現物投資は大きくわけて3種類

地金金の現物を購入するなら、金地金、地金型金貨、純金積立の3種類から資金の額や用途にあわせて好きなものを選ぶだけ。
一般的に金地金はある程度まとまった金額、金貨は比較的小口の資産の運用に向いています。
また、純金積立は、少額から毎月一定額を自動的かつ継続的に金投資に回せるという特徴があります。

金地金なら田中貴金属のような地金商や住友金属鉱山のような鉱山会社、商社、銀行などで購入可能。
その際は、刻印を忘れずに確認しましょう。

地金型金貨はオ―ストリアのウィーンハーモニーやカナダのメイプルリーフなど、各国の造幣局によって発行されており、地金商のほかコインショップなどで購入できます。

純金積立はそれらに加えて銀行、証券会社、カード会社などで取り扱っており、毎月一定の資金で買える金を自動的に買い付けて保管してくれます。

金の現物売買には手数料が必要

金の価格は同じでも、それぞれ売買時の価格や手数料が異なります。
金地金は最も小さくても5gから買えますが、500g以下の売買には、1枚当たり、数千円の手数料が必要。
小さな地金を何枚も売買すると、手数料だけで数万円にのぼることもあります。

また、地金を買う際にはどこから買うかも重要。というのも、別の会社で買った金を売る場合には、査定料や手数料がかかったり、買取りしてくれないところもあるとか。
金は、「買った会社・お店で売る」のが原則で、何十年後まで信頼おける会社を選ぶべきです。

そのほか、手軽に始められる純金積立も毎月の購入代金に対して手数料がかかったり、年会費が必要な場合もあります。
一概にどれがよいかというわけではないので、どのくらいの資産で投資したいのかによってきちんと選ぶことが大切ですね

時間分散投資がお得

金投資のタイミング金価格は、需給バランスや為替、世界情勢などを反映して日々変わるので、安い時に買って高いときに売れば、差額が利益になるというシンプルな投資。
従って、積極的に資産を増やすための運用というよりは、大切な資産が失われてしまうような万が一の場合に備えて、その一部を金で持っておくと言う人が多い。
投資と言う意味では、なるべく安いときをねらって買うというのがポイントです。

大量購入を避けリスクを分散

金が安いときに購入すれば、値上がりによって得られる利益率は高くなります。とはいえ、日々変化し続ける金価格を注視しながら買い時を見極めるのはとても大変。
一度に大量の金を購入するのはリスクが高いといえるでしょう。

金のような値動きのある商品で利益を出すには、購入する時期を分散することが大切。
そのためには、外貨預金などの金融商品を購入するときに使われる、毎月一定の金額で継続して購入することによって価格変動リスクを分散させるような投資法が最適です。

まさに、これを利用している金投資が純金積立なのですが、金地金や地金型金貨でも、一度にまとめて購入するのではなく、時期をずらしながら何度かに分けて買うのがこつ。
それによって価格変動に伴うリスクを抑えながらかしこく投資することが大切。

金は長期間保有が賢い

金は持っているだけでは利息がつかないので、他の金融商品のような利回りは期待できません。
それでも長く保有していたほうがいいといわれるのには、わけがあります。
金価格は需給バランスはもちろん、政治的な要因や為替、経済的な要因など様々なことに反応しながら、日々変わり続けています。
金は上がることもあれば、下がることもあります。

金の現物投資において買った時の金額より売ったときの金額が高ければ利益がでます。
金投資では、短期的な値動きに一喜一憂しない事が大切。
目先の利益ではなく、長期的な視野で投資することがコツです。

資産運用と保全の両面から金を選ぶ

金は一度にまとめて購入するのではなく時期をずらして少しずつ購入し、大切に持ち続けましょう。
そのためには、いつ必要になるかわからない資産を金にしてしまうのは得策とはいえません。

金はほかの金融商品のように利息がつくこともありませんが、土地などとは異なり、持っているだけなら税金がかかることもありません。
さしあたって使う目的のない資産の一部を金にして寝かせておくのがベストといえます。

金の値動きを見極める

金の値動き金価格は日々変動していて、安いときにタイミングよく買うのはとても困難。
金価格が高いときい大量に金を買ってしまうリスクを避けるためには、少量ずつ時間をかけて購入するのが賢い金への投資法。

金価格の指標となるのが、USドルです。為替相場においてUSドルが上昇していれば、金価格は下がり、逆にドルが下降傾向にあれば金の価格が上昇します。
よく金は為替や株式と逆の値動きをするといわれていますが、その理由のひとつは金が現物資産であり、信用リスクとは無縁だからです。

世界の基軸通貨は金と逆の値動きをする

1944年にアメリカは「金1トロイオンス=35USドル」と定め、USドルだけが唯一金と交換できる通貨としました。
その後、アメリカは金とUSドルの交換を停止しましたが、現在も金はUSドル建て出取引されています。
この歴史によって皮肉にも金とUSドルはまったく逆の値動きをする関係になってしまったのです。

世界の基軸通貨であるUSドルが上昇するのはアメリカの景気がよく、信用も高いということです。
逆にUSドルが下降するのは、アメリカの景気が悪く、信用が低くなっているから。
USドルの値動きを見れば、金価格の推移もある程度予測できるといえますね。

税金を理解しての投資がトク

金は購入時や売却時に税金が必要になる

金は売却して利益が出たときにはその分に課税されます。ですから、税金のことを知っておくことはかしこい金投資をするうえで必要不可欠といえます。
まず、金の購入時には消費税がかかります。ただし、この消費税分は売却時にはもらえるもの。
それぞれの時点での消費税率が適用されるので、2014年4月に消費税が上がりますから、売る時は引き上げ分だけトクをすることになります。
今後も消費税の増税が見込まれるなか、金投資は有効な消費税対策のひとつでもあるのです。
消費税が引き上げられる前に、当面使わない資産は金にしておくのがオススメです。

金地金や地金型金貨は5年以上持てば節税に

金を売却して利益や損が出たときにも税金が関係します。
金地金た地金型金貨なら、譲渡所得になり、純金積立なら雑所得の扱いで、それぞれ控除額を越えた分に税金が課せられます。

譲渡所得の扱いとなる金地金や地金型金貨の場合、金の保有期間が5年以下と5年以上かによって税率が変わってきます。(ここ重要ポイントです)
具体的には、5年以下であれば1年間のすべての譲渡益から50万円の特別控除額を引いた額に課税されますが、5年以上持っていれば1年間のすべての譲渡益から50万円の特別控除額を引いた額の半分に課税されるのです。
つまり、5年以上は保有してから売却したほうが税額が少なくなっておトクということ。

また、ほかの雑所得とあわせて20万円でしか控除が受けられない純金積立の場合には、金地金や地金型金貨などと等価交換すれば
そちらの税制が適用されます。
もちろん、資産として金を相続した場合や贈与された場合も課税されるので注意が必要。

資産の1割は金投資がおトク

金投資で稼ぐ日本では、資産を「預貯金」「不動産」「株式」に分散して運用する財産三分法が一般的。
しかし、近年の日本を取り巻く経済状況は、その考え方を少し改める時期にきています。
経済のグローバル化が進んだ現在、金を含めさまざまなタイプの資産を保有し、分散させておくことで、資産を守るという考えた方をしなければならなくなってきています。
国内有価証券(株式・公社債・投資信託)、外国有価証券、金融商品(金・ETF・ヘッジファンド・FXなど)などです。
なかでも、信用リスクのない金はぜひ資産の一部として保有しておきたい。

世界的な視野での資産運用が不可欠

いまや銀行にお金を預けても利息はほとんどつかないし、1000万円を超える元本+利息は保証されません。
不動産や株式、外貨などで資産を効率的に運用しつつ、リスクを回避することが大切。
たとえば外貨なら、ドル、ユーロ、円をそれぞれ持っていれば、信用不安に伴ってどれかが下落しても、ほかの通貨が上昇。

国内の不動産や株式だけで運用していると、日本の景気が悪くなったとたんにあらゆる資産の価値が損なわれてしまう危険が!
海外の有価証券や金などの現物資産も考えて、さまざまな金融商品で資産を守ることが大切です。

欧米では資産の1割は金で持つのがセオリー

欧州では資産のおよそ1割を金で保有するという考え方があります。
昔からいざというときの資産防衛の手段として定着しているというのです。
ところが、日本では、国税の査察によって大量の金の延べ棒が発見されるというニュースなどから、金を持つことは悪いこと、といったイメージすら持たれています。

株式や通貨、債権などとは異なり信用リスクのない金は、もし仮に世界中に信用不安の嵐が吹き荒れたとしても、その価値を保って輝き続けます。
日本でも、資産の一部を金で守るという考え方をすべきなのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞
  2. 爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?
  3. 博多織もっと身近に
  4. 乳がんは女性のがん第1位
  5. 喝采・旅芸人の唄に出演

関連記事

  1. セブン銀行

    お金

    ネット銀行で珍しく海外送金できるセブン銀行の口コミ

    海外送金に対応しているネットバンクはあまりなく、銀行の窓口では書類が複…

  2. 楽天銀行

    お金

    楽天銀行の口座開設メリット・口コミ

    楽天銀行口座開設のメリットはさまざまな特典が魅力的ということ。楽天銀行…

  3. りそな銀行

    お金

    りそな銀行ネットバンクマイゲートの特徴・サービスの口コミ

    りそな銀行のATMが終日0円と言うメリットしかないりそな銀行ですが、「…

  4. お金

    金投資のリスク対策を色々調べました

    金への投資は安く買って高く売ればその差分を利益にできるというものです。…

  5. プロミスで借りる

    お金

    初めてプロミスでお金を借りる手順やプロミスの口コミ

    初めてお金を借りるには色々な不安がありますよね。絶対にやってはいけない…

  6. MONEYKIT

    お金

    ソニー銀行の特徴・サービスの口コミ

    自動で貯められる便利なサービスが豊富なソニー銀行のmoneykitの特…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 遺品の売却・買取相場

    リカちゃん人形・ブリキおもちゃなどの買取相場
  2. 花粉症対策

    花粉症に感染しやすい子供の年齢や花粉症の影響
  3. 五馬の駄賃どり

    民謡

    民謡デビュー
  4. 遺品の売却・買取相場

    掛け軸・古書の買取相場
  5. モナコ観光おすすめスポット

    モナコ熱帯植物園
PAGE TOP