花粉症

病気と健康

頻尿・尿漏れの悩みについて色々調べてみました

30代過ぎると気になる頻尿・尿漏れにどんな悩みや症状があるのか調べてみました。

頻尿・尿漏れの悩みはないですか

頻尿・尿漏れは年齢のせい? では・・・と思っていませんか?

  • 外出先でのトイレが心配なため、常にトイレを探してしまったり、水分摂取を控えてしまうなど、気苦労が絶えない。
  • トイレが我慢できずに、好きな旅行が楽しめなくなった。
  • 夜間に何度もトイレに行くため、熟睡できない。寝ている間に尿もれしてしまうのではないかと心配。

こんなサインに、身に覚えがありませんか?

年齢のせいだと思って我慢したり、人に言えず悩んでいませんか?これらの症状は「過活動膀胱」という病気による可能性が高いのです。我慢できずにひとりで悩んでいたその悩み、解決への第一歩は病院への相談からはじまります。
>>過活動膀胱とは?
急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」が主な症状。ほかにも「頻尿」や「夜間頻尿」を伴うことがあり、場合によっては我慢できずに失禁する「切迫性尿失禁」を引き起こすこともある、排尿に関する症状症候群のことを「過活動膀胱」という。
「過活動膀胱」は、かかりつけ医か専門医に相談しましょう。
恥ずかしくて相談しにくいけど…どこへ行けばいいの?と心配されている方へ

我慢できないトイレの悩みはここで相談!

  • かかりつけ医
  • 泌尿器科
  • 婦人泌尿器科
  • 女性外来(泌尿器専門医のいる)※など

※女性外来では、尿失禁外来日など、曜日によって専門医の診察が受けられる日が決まっていることが多いので、電話などで事前に確認しましょう。
まずはかかりつけ医にあなたの悩みを相談してみましょう。もし、かかりつけ医を持っていないなら、専門医である泌尿器科で相談できる。女性の場合、泌尿器科に対して抵抗を感じる人がいるかもしれないが、そんな人のために最近では「婦人泌尿器科外来」を設ける病院も増えてきました。
,p>これは、女性がいつまでもはつらつとした毎日を楽しむには、尿トラブルの相談先が必要であるということの証明でもあります。ほかにも女性外来を設けている病院では、女性の泌尿器科医が相談に応じる日を設定しているケースもあります。
(一部healthクリニックQAより引用)

尿失禁のチェックをしてみましょう。

チェックした項目の数が多い人は、尿漏れ未経験でも注意が必要です。生活習慣を見直して、尿失禁予防を心がけましょう。
ひとつでも心当たりがあるなら、恥ずかしがらずにお医者さんへ相談しましょう。

尿モレ

自分の症状を知っておきましょう >>

*トイレに行きたいと思ったら、ほとんど我慢できずに漏れてしまう。
冷たい水で手を洗ったり、寒い所に出ると尿が漏れそうになったり、実際に漏れてしまうのは切迫性尿失禁の可能性があります。
*咳やくしゃみをした時に尿が漏れてしまう。
テニス、縄跳び、犬の散歩、ジョギングなどで尿失禁が起こる方は腹圧性尿失禁の可能性があります。

サプリメントの効果的な利用法

尿もれや頻尿に関係する原因や対策は男性と女性では異なります。
女性が頻尿になる原因は「膀胱炎」が考えられます。
男性が頻尿になる原因には「前立腺肥大症」が考えられます。
頻尿に効果が期待できるサプリメントの種類も異なります。
男性には「ノコギリヤシ」、女性には「西洋カボチャ」が代表的です。

男性の尿漏れについて

男性の尿漏れは、刺激症状(膀胱に尿がたまっている際の症状)と、閉塞症状(排尿する際の症状)の2つに大別されます。
トイレが近い(頻尿)、トイレに急に行きたくなり、がまんできない(尿意切迫感)、トイレに間に合わない(切迫性尿失禁)、夜間何度もトイレに起きる(夜間頻尿)などは、刺激症状です。
一方の閉塞症状には、尿の勢いがない(尿勢低下)、排尿時に尿が途切れる、排尿に時間がかかる(排尿遅延)、尿が残る感じがある(残尿感)。腹に力を入れないと尿が出ない、尿そのものがでないなどがあります。
これらの尿漏れを引き起こす代表的な病気として、中高年男性では前立腺肥大症、女性では、神経因性膀胱などがあげられます。
男性の尿漏れによる排尿障害は、医師の診断・治療が必要になります。
水分を控えたり、膀胱訓練(トイレをがまんして、少しずつ排尿間隔を延ばしてゆく)や、骨盤底筋訓練(肛門や膣を繰り返し締めたり緩めたりして、尿意を締める力を強化)を自分で日ごろから心がけることで軽減できます。
過活動膀胱も同様です。
尿漏れの症状が2週間以上続いたら、すぐに泌尿器科を受診してください。ただし、老年になると尿が近くなったり、尿の勢いが弱くなるので、見極めが肝心です。

頻尿の原因と改善

1日の排尿回数は平均4~8回、総排出量は平均1200~2000cc。
例えば夏は汗をかくため尿量は少なくなり、冬は逆に増えます。
また、ビールやお茶など利尿作用のあるものを飲んだ後は、トイレが近くなって当然です。
ただ、生活に支障をきたすほど回数が多かったり、就寝中に2回以上トイレに行くなどするなら頻尿として対策や治療が必要です。
若い女性の場合は自律神経失調が原因でになっていることもあります。
また、膀胱の粘膜が弱く、それにタバコやコーヒーなどの刺激物、ストレスや疲れなどが加わって頻尿になっている人もいます。
食事療法と投薬治療、そして生活習慣に尿パッドやノコギリヤシ、カボチャなどのサプリメントを取るなど改善していきましょう。

尿漏れに関する疑問集

マッサージ中おしっこしたくなるのはなぜ?

マッサージで血行が良くなると、むくみが解消される。実は、むくみとして皮膚の下に溜まっていた余分な水分や老廃物が毛細血管に吸収されてから、腎臓まで届くまであっという間。そのまま尿として膀胱に流れという仕組み。マッサージの実効果が実感できる瞬間!

②おしっこをガマンすると病気になるの?

「ガマンはダメ」といわれていたけれど、実際はそれが原因でかかる病気はないのだとか。ガマンしないでいると、脳の神経もそのペースを習得してしまい、かえってトイレが近くなるのでよくありません。ある程度間隔をおいてトイレに行く訓練も必要です。

ニオイの違いは体調によるもの

健康状態に関係なく日々変化しやすいもの。あまり気にない方がいいですし、ニオイについては、食べたものの関与が高く、例えばネギやニンニクをたくさん食べた後は特有のニオイになります。ほかにも日本酒、ワイン、アスパラガスなども尿のニオイを変化させます。

どうしても緊張すると行きたくなるの?

これは、自律神経の働きに関係あり。緊張の度合いが強くなるとなど、心因的なものの影響で”交感神経”と”副交感神経”の入れ替わりがスムーズにいかなくなると、膀胱の収縮・弛緩がバランスよくできずに、頻尿という症状が起こると考えられます。

頻尿器科ではどんな診察を?内診があるって本当?

女性泌尿器科の診察では、詳細な問診と検尿が必須です。膀胱と膣は密接な関わりがあるので、内診が必要なことも。女性医師のほうが相談しやすいことが多いかもしれないですね。不調を感じたら、恥ずかしがらずに早めの受信を心がけましょう。

尿漏れって女性に多いと聞くけれど?

「くしゃみの瞬間にもれた…」などというけど、尿漏れの原因って?と思う方も多いかと思います。出産経験がある場合、骨盤底筋肉が損傷すると、若くて尿漏れの可能性が。急にトイレに行きたかったり、間に合わずもれてしまう人もいます。たとえ少量の尿漏れでも早めに対策をしましょう。
最近では尿漏れサプリメントも充実していますので、自宅で簡単に対策をはじめることができます。「病院に行くのはちょっとハードル高いな…」という場合は、こちらから試してみるのもおすすめですよ。

気になれば早期に専門医を受診

尿失禁は、命にかかわらない疾患ですが、しかし中には、尿漏れの原因が膀胱結石や膀胱がん、あるいは、脳血管障害のこともあるので、一度しっかりと受診し、他の疾患の可能性を排除することも大切です。

尿漏れが気になって、映画やクラッシック・コンサート鑑賞、遠距離移動など、外出をためらう人も多いようです。
しかし、きちんと治療をすれば、症状を改善することができ、生活の質は高くなります。
女性だから、高齢だからとあきらめることなく、早期に専門医を受診することをオススメします。

ピックアップ記事

  1. 博多織もっと身近に
  2. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  3. 佐賀県PR動画「あさご藩」
  4. 口の中がネバネバする人の口臭は強い原因を調べました
  5. アップルハート福岡南さんで朗読劇

関連記事

  1. 女性の高血圧

    病気と健康

    女性が高血圧になりやすい年齢と症状とは?

    女性は加齢すると高血圧も多くなる高血圧は、男性に多いのですが、年齢が…

  2. 病気と健康

    渋谷にある東京プラチナムの皮膚を切らないワキガ治療の無料相談と口コミ

    安心施術と術後の旅行な経過とアフターを考えるなら東京プラチナムに相談…

  3. 病気と健康

    乳ガン

    乳がんは、20代後半~30代の女性にも増加している病気。乳がんの原因や…

  4. ひざ・関節の痛み

    病気と健康

    ひざ・関節の痛みをやわらげるには金時生姜などの陽性食品を食べる

    ひじやひざ、手首などに痛みが生じる関節痛は、関節を覆う筋肉の酷使が要因…

  5. 人間ドック

    病気と健康

    めまい引き起こす病気の種類

    最近めまいの症状訴える女性が増えています。めまいに関わる病気について色…

  6. 人間ドック

    病気と健康

    出産後に多い下肢静脈瘤とは?自己診断してみてください。

    下肢静脈瘤は足の血管がボコボコ浮き出ている、クモのすのように透けて見え…

最近の記事

  1. 帯買取
  2. 帯買取

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 佐賀タンス長持ち唄

    民謡

    福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞
  2. 朗読劇

    CM・舞台

    アップルハート福岡南さんで朗読劇
  3. 花粉症対策

    花粉症に感染しやすい人と感染しにくい人の違いを調べてみました。
  4. 唐津城

    CM・舞台

    佐賀県PR動画「あさご藩」
  5. 病気と健康

    爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?
PAGE TOP