モナコの基本情報

モナコの歴史について紹介します

モナコは世界で2番目に小さな国です。

モナコ公国(モナコこうこく)、通称モナコは、西ヨーロッパの国家。
モナコ城
モナコ大公国とも。都市国家であり、首都モナコ市がそのまま全領土となる、世界で2番目に小さい国(ミニ国家)。

地中海に面し約2平方キロの公国でバチカン市国に次いで世界2番目に小さい。人口約3万5000人で、観光が主産業。
1861年、フランス保護下で独立。高級リゾートとして開発が進められ、カジノやホテルが開業。
貴族が集まって社交場となった。所得税がないので富裕層の移住が多い。

地中海気候で夏は湿度が低く、冬は暖かいです。1年を通じて晴天が多く、年間平均気温は16℃。
僕の場合は日本が梅雨時期にこちらモナコへやってきて、のんびりする機会が多いですが、秋のモナコも素敵です。

1956年にレー二エ3世公が米女優グレース・ケリーと結婚して話題となったのは世界的にも有名な話ですね。
現在の元首は、アルベール2世公。

フランスの地中海沿岸地方コート・ダジュールのイタリアとの国境近くに位置する。
カジノやモナコグランプリ、ラリー・モンテカルロが開催されることで有名です。

モナコの歴史について

モナコ
* 1297年:ジェノヴァのグリマルディ家がモナコにあった要塞を占拠
* 1793年:フランスの支配(~1814年)
* 1815年:イタリアのサルディニア王国保護下に入る
* 1861年:モナコ公国の主権回復
* 1911年:立憲君主制導入
* 1918年:フランス・モナコ保護友好条約締結。フランスの保護下に入る(保護国)
* 1949年:レーニエ3世即位
* 1956年:レーニエ3世がハリウッド女優・グレース・ケリーと結婚
* 1962年:新憲法制定(死刑廃止、婦人参政権付与など)
* 2002年:フランスと新条約(公家に跡継ぎがなくなっても公国の存続を保証)
* 2005年:レーニエ3世逝去、アルベール2世即位
* 2005年12月:フランス・モナコ友好協力条約締結

ピックアップ記事

  1. 博多織もっと身近に
  2. アップルハート福岡南さんで朗読劇
  3. 佐賀県PR動画「あさご藩」
  4. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  5. 喝采・旅芸人の唄に出演

関連記事

  1. モナコの基本情報

    モナコは危機管理世界一の国

    モナコは世界一治安がよいと聞いていましたが、長期滞在してみて納得してい…

  2. モナコ語

    モナコの基本情報

    モナコ語とモナコ硬貨

    モナコは独立国です。では、モナコにはモナコゴなる独立国としての固有の言…

  3. モナコの基本情報

    モナコに入国する際の関税・税金、生活について色々

    入国手続き・フランスからモナコに入国する場合は、入国手続きは不要で…

  4. モナコの基本情報

    モナコ人になるには

    何度もモナコにいく度にモナコに永住(移住)したいと思っています。モ…

ポチッと応援よろしく!

ピックアップ記事

  1. 民謡大会入賞
  2. 博多織
  3. 唐津城
  4. 旅芸人の唄
  5. 朗読劇




  1. 博多織

    日記・思うがまま

    博多織もっと身近に
  2. 民謡大会入賞

    民謡

    民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  3. 旅芸人の唄

    CM・舞台

    喝采・旅芸人の唄に出演
  4. 唐津城

    CM・舞台

    佐賀県PR動画「あさご藩」
  5. 朗読劇

    CM・舞台

    アップルハート福岡南さんで朗読劇
PAGE TOP