定式幕

CM・舞台

役者は情報を伝えるのではなく、感情を伝える。

旅芸人の唄。
いよいよ本番まで一週間。
ほぼ毎日が自主練や合同練習で慌ただしい。

台詞は暗記するだけではダメで、相手の台詞の感情に合わせなきゃいけないし、その一コマ一コマを丁寧に作っていかないといけない。役者が伝えるのは情報ではなく感情なのだが、慣れない役者さんは台詞をいうのに精いっぱいだから機械的な演技になってしまう。

また台詞で自分の役柄を観客に伝えきるかも役者としての評価される。
観客に先を予感されないように演じることがいい役者だと井筒監督は僕の愛読書の中でも言っている。
役者の仕事は観客を騙すことだとよくいわれるが、僕はココこれを追求したい。

ピックアップ記事

  1. 博多織もっと身近に
  2. 喝采・旅芸人の唄に出演
  3. アップルハート福岡南さんで朗読劇
  4. 佐賀県PR動画「あさご藩」
  5. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞

関連記事

  1. 衛陶職人の唄

    CM・舞台

    完成試写会

    2月にロケした、TOTO100周年記念映画「衛陶職人の唄」の完成試写会…

  2. CM・舞台

    シニアモデルのスチール撮影

    今日は、お芝居「旅芸人の唄」本番前にして、福岡市の公共事業のモデルでス…

  3. CM・舞台

    ロケ終了!

    佐賀での映画ロケも終わって一安心。時代背景は江戸後期。まだ…

  4. CM・舞台

    落語・初天神を練習!

    落語で有名な初天神を朗読劇風というか、立体落語というか、これを先週より…

  5. 朗読劇:馬のシリをのぞいた男

    CM・舞台

    馬のシリをのぞいた男

    日本昔話で福岡県筑後市に伝わる寓話の朗読劇を練習中。和泉村という江戸後…

  6. 朗読劇

    CM・舞台

    アップルハート福岡南さんで朗読劇

    今日は福岡市にある麻生グループのアップルハート福岡南さんの依頼を受けて…

ポチッと応援よろしく!

ピックアップ記事

  1. 民謡大会入賞
  2. 博多織
  3. 唐津城
  4. 旅芸人の唄
  5. 朗読劇




  1. 民謡大会入賞

    民謡

    民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  2. 博多織

    日記・思うがまま

    博多織もっと身近に
  3. 旅芸人の唄

    CM・舞台

    喝采・旅芸人の唄に出演
  4. 朗読劇

    CM・舞台

    アップルハート福岡南さんで朗読劇
  5. 唐津城

    CM・舞台

    佐賀県PR動画「あさご藩」
PAGE TOP