下肢静脈瘤Q&A

病気と健康

足がミミズばれする血管の病気といわれる下肢静脈瘤Q&A

下肢静脈瘤について問診などで多い相談事についてまとめてみました。
足の血管が膨れてコブのようになる下肢静脈瘤は40歳以上の8.6%に発症して、その患者数は1千万人以上ともいわれています。命にかかわるような病気ではありませんが飲み薬の治療法はなく、自然治癒も望めません。
下肢静脈瘤の治療で多い疑問や不安をまとめています。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

下肢静脈瘤で多い質問

Q:下肢静脈瘤はどんな病気?

A:足の表に静脈が太く浮き出ているものを下肢静脈瘤といいます。
また、静脈瘤の中でも原因や静脈の太さによって数種類に分類されます。
伏在静脈瘤・側枝静脈瘤・網の目状静脈瘤・クモの巣状静脈瘤に分かれます。
症状が強く手術やレーザー治療が必要となる静脈瘤は、伏在静脈瘤とよばれるものです。

Q:伏在静脈瘤とは

A:伏在静脈とは太ももの付け根や膝の裏で深部静脈に合流する下肢の表在静脈です。
他の静脈と同じく古くなった血液を心臓に戻すことが役割ですが、この伏在静脈の静脈弁が何らかの原因で壊れると血液が静脈内にたまり、少しずつ静脈が太くなるとともに、古い血液が停滞することによりさまざまな症状を伴うようになります。

Q:静脈瘤になりやすい人とは

A:静脈弁が壊れる原因には遺伝や妊娠、出産、長時間の立ち仕事などがあり、一般的には女性に多く見られ、年齢とともにその頻度は増加するといわれていますね。

Q:どういう症状が現れますか

A:伏在静脈に逆流があっても症状として自覚のない人も多くいます。
しかし、静脈瘤の病状進行とともに、足がだるい、重いと感じるようになったり、寝ているときに足がつったりといった症状も増えてきます。
まれに皮膚に潰瘍ができたり、静脈瘤内に血栓を形成し、痛みの原因になることもあります。

Q:放置するとどういう影響が

A:下肢静脈瘤は良性の病気ですから、そのままにしておいても命に関わるようなことはありません。
見た目が気にならない、自覚症状もない、静脈瘤に起因した皮膚障害も認められない人は、治療を積極的に行うことはないと思いますが、下肢静脈瘤の自然治癒は望めないので5年、10年ト放置して悪化してから手術を検討するより、少しでも若いうちに検討するほうがよいと考える人も多いですね。

Q:どのような治療ですか

A:静脈弁が壊れ、逆流している静脈を元にもどすことはできません。
伏在静脈龍の場合は原因となる伏在静脈を手術で摘出するストリッピング治療か血管内治療(レーザー高周波)でつぶしてしまい、逆流を止める治療が必要です。
逆流を止めることにより足の静脈環流が正常にもどります。
さらに静脈瘤の見た目が気になる方は小さな傷で太くなった静脈を摘出する手術を追加する場合もあります。

Q:レーザー治療とは

A:従来の手術(ストリッピング治療)では逆流している静脈を摘出するために太ももの付け根や膝周囲の2カ所に約2~3㎝の傷痕が残り、傷の痛みもしばらく伴いました。
レーザー治療の場合は直接静脈の内腔からレーザーを照射し血管をつぶすため、膝周囲に2~3mmのレーザーを挿入する傷痕が残るのみになります。
その他のメリットとしては、局部麻酔で治療ができるため日帰りでの治療が可能で、早期の社会復帰ができます。
仕事をもっている方にはよい治療法といえますね。

Q:デメリットとは

A:2011年当初から治療後の痛みと皮下出血がレーザー治療の問題点として検討されてきました。
その原因として従来のレーザーは先端から前方にレーザー光が照射されており、静脈瘤全
周ではなく一部分にのみ偏って熱が吸収され不均一な治療になっているためと考えられています。

Q:新型レーザー治療装置とは

A:新型レーザー装置はレーザー光が側方360度に照射されるため静脈瘤全周を均一に治療することができます。
この構造により治療後の痛みや皮下出血が減少しています。

Q:治療の流れは

A:電話予約をして外来初日は問診・診察の後に血管の状態をエコー検査で確認し、レーザー治療が可能か判断。
エコ―検査の結果によってはレーザー治療が適応できない場合もあり、その場合は他の治療法を提案。
レーザー治療を希望する場合は治療日程を決め、術前検査(採血・心電図)。
手術当日、レーザー治療は20~40分で終わり、静脈のコブを摘出される方はさらに治療を追加。来院から帰宅まで2時間程度です。
手術翌日に超音波検査でレーザー照射した静脈の状態を確認し、1週間、1ヶ月と治療後経過の確認を行います。

下肢静脈瘤クリニックでも看護師転職の求人あります。
下肢静脈瘤治療費はリボ払いできる人気クレジットカードが経済的にお得です。

ピックアップ記事

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞
  2. ひざ・関節の痛みをやわらげるには金時生姜などの陽性食品を食べる
  3. ビキニラインの黒ずみ
  4. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  5. 乳がんは女性のがん第1位

関連記事

  1. 花粉症

    病気と健康

    頻尿・尿漏れの悩みについて色々調べてみました

    30代過ぎると気になる頻尿・尿漏れにどんな悩みや症状があるのか調べてみ…

  2. 病気と健康

    川崎駅前で「ちちが」「すそわきが」治療ができる川崎中央クリニックの料金や評判

    誰にも相談できない「ちちが」「乳輪わきが」「すそわきが」は結婚前には治…

  3. 人間ドック

    病気と健康

    出産後に多い下肢静脈瘤とは?自己診断してみてください。

    下肢静脈瘤は足の血管がボコボコ浮き出ている、クモのすのように透けて見え…

  4. 病気と健康

    わきがの手術について種類

    わきがの根本的治療に関して色々調べてましたが、ワキガで悩んでいる人すべ…

  5. 体の不調による口臭

    病気と健康

    女性は体の不調により口臭が出やすいということを調べてみました。

    日々の健康管理を怠ったりすると体の不調が出たりして、口臭の原因にもなる…

  6. 高血圧予防サプリメント

    病気と健康

    高血圧の改善に特定保健用食品がいいって本当かどうか調べました。

    高血圧を改善するのに、もっとも手っ取り早い方法は、医師に処方された降圧…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 大島眼科で白内障手術

    日記・思うがまま

    大島眼科で白内障手術
  2. 病気と健康

    乳がんのセルフチェック
  3. CM・舞台

    ロケ終了!
  4. 十日恵比寿

    日記・思うがまま

    十日恵比寿
  5. モナコ観光おすすめスポット

    海外旅行を快適にする旅行鞄・スーツケース選びのコツ
PAGE TOP