外反母趾

美容と健康

女性に多い足のトラブル外反母趾の予防と改善を調べた

外反母趾は女性に多い足のトラブルだそうで、僕の奥さんの友達で保険外交員の女性も4.5年前から外反母趾になって困っているそうだ。病気ではないが、一度できてしまうと改善するには結構な努力と時間がかかるらしい。扁平足というのはよく聞くけど外反母趾って初めて聞いたのでちょっと調べていたら、足に合わない靴を履き続けることで、外反母趾はどんどん進行してひどくなれば手術をするそうだが、それでも100%完治するわけではないと専門医の公式サイトでも教えています。

外反母趾を予防、改善する近見としては「外反母趾はなかなか治らないが、自分の足に合った靴を履くことで痛みが緩和される」ということで、ネットで情報収集。




外反母趾を予防する靴選び

では、「足に合った靴」とは、どんな靴のことでしょう。
足に合う靴の必須条件は「甲の部分がぴったり合う」ことです。
外反母趾でも甲の部分をしっかり締めると、横アーチが復活し、親指の曲がりが修正されることがあります。

ですから、靴を購入するときには、甲の部分がぴったり合う靴を選ぶことが重要です。
それには、足の甲をしっかり締めることができる「ひも靴」は最もおすすめですが、ひも靴以外の靴を選ぶときにも「甲の部分」が「ぴったり」の必須条件を忘れないことです。

最近では、自宅で靴の試し履きができるネット通販もあるので、そちらを利用すれば、自分の足にぴったり合う靴が選べるかもしれません。

■自分に合った靴選びのポイント

こんな靴選びはやめましょう

×幅広の靴がいい
「幅広の足だから、靴も幅広でないと・・・」という声がよく聞かれます。

通常、幅の広い靴というのは、足の指の付け根の部分が広くなっているので靴のことです。
肝心の足先はデザインを考慮して、たいてい細くなっています。

そもそも外反母趾の大きな原因は、指の付け根の部分が広がってしまうことです。
幅の広い靴を履くと、指の付け根の部分が広がるのを防ぐことができません。

いつも幅広の靴を選ぶ人、特に「外反母趾だから、いつも幅広の3E靴に決めている」という人は、靴の足囲(足の付け根周り)だけにこだわらず、足先の部分が細かいデザインになっていないかをチェックすることが大事です。

軽い靴がいい

靴が軽いと歩きやすいと思うかもしれません。
しかし、ある程度の重量があったほうが、足を振り出しやすく、歩きやすくなるのです。
靴には足をしっかりと包み守る大切な役目があります。
この役目をきちんと果たすには、ある程度の重さがあり、履いてみると軽く感じるという靴を選びましょう。

履きやすい靴がいい

履きやすい靴というのは、足を入れやすい靴を指すことが多いでしょう。
足を入れやすい靴は、たいてい脱げやすい靴でもあります。
脱げやすい靴を履くと、脱げないように足先で靴をひっかけるようにしながら不自然に歩くようになります。
これでは足が疲れてしまいます。

靴は靴ひもを結んだり、ベルトでとめたりする靴のほうが歩きやすいのです。
日本の生活様式では靴を着脱する機会が多く、この煩わしさから、脱いだり、履いたりしやすい靴を選ぶ人が多いようですが、足のためにはひもやベルトを締め直すなどの手間を惜しまないようにしてください。

大きめの靴がいい

大きめの靴を履くと、足にゆとりができていいと思いがちです。
しかし、靴が大きいと、靴の中で足が前に滑っていき、靴につま先が当たることがあります。
特にパンプスなどは靴先が細いので、大きめのサイズを選びたくなりますが、かかとがゆるく脱げやすく、逆に歩きにくくくなります。
自分のサイズに合った靴を選ぶことが大切です。

柔らかくて伸びる靴がいい

「靴の革が柔らかくて伸びると、足の形にに沿ってくれるからよいのでは」と考えるのは、実は間違いです。
足に合っていれば、靴が柔らかくて伸びる必要はありません。
逆に、靴が伸びると、足の変形が進行していく可能性が大きくなります。
また柔らかい靴は足が圧迫されていても気づかないことがあり、よくないのです。
伸縮する素材も要注意です。

試し履き通販で靴を選ぶ前に足のサイズを測ことが第一です

試し履きできるかといって、デザインや色だけで慌てて選ぶ前に、きちんと自分の足のサイズを測りましょう。
正確なサイズを知ることから、外反母趾の対策は始まっています。

足の長さだけでなく、足囲も大切です。

自分の足のサイズをきちんと測ったことがないという人も多いでしょう。
最近は靴専門店で測ってくれたり、計測る機会を設置して利用できたりするところもあります。
専門家に測ってもらうのが最良ですが、自分でも測ってみましょう。

足の長さと足囲を測るのが基本です。
特に足囲は測ったことがない人も少なくないでしょうが、甲にぴったりの靴を探すためには、足囲を知ることが欠かせません

実際に測ってみると、左右のサイズが違う、あるいは以前と足の長さが違ってしまったということもよくあります。
足囲が足の長さよりも大きい場合は、幅広の足、小さい場合は、幅が狭い足ということになります。
足の長さを測る

日本の靴メーカーでは、足の長さと足囲がほぼ同じという靴を中心に作られています。
このサイズが大きく違うと、足の長さを基準にした靴選びは難しくなります。
まずこのことを理解しておいてください。

サイズと異なる靴もあり、試し履きは欠かせません

測った足のサイズをもとに靴を選びますが、左右でサイズが違う場合は、大きいほうを基本にして、靴を選ぶとよいでしょう。

靴のサイズは、メーカーによって、大きさが微妙に違います

例えば、足の長さが23cmで靴を探すとき、あるメーカーの靴は合うのに、別のメーカーの靴は窮屈で足が入りにくいということがります。

足囲についても同じです。
幅広であることを示す3Eなどと表記してあるのに、実際は幅広に作られていない靴も少なくありません。
靴選びの際は、サイズを目安にして試し履きをすることがとても大切です。

足囲(ウィズ)を測る

外反母趾用の靴の選び方や専門通販はこちらで紹介しています⇓⇓。

ピックアップ記事

  1. ビキニラインの黒ずみ
  2. 喝采・旅芸人の唄に出演
  3. 乳がんは女性のがん第1位
  4. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  5. 博多織もっと身近に

関連記事

  1. 青汁健康法

    美容と健康

    青汁の野菜不足の解消効果は?サプリ・野菜ジュースよりも効果ある?

    1日に必要な野菜の量は350gと言われていますが、厚生労働省によると日…

  2. めまいになりやすい人

    美容と健康

    めまいになりやすい人

    めまいを起こしやすい人とはどんな人なのか例を上げてみました。肩こり…

  3. 男の加齢臭

    美容と健康

    お父さん臭いと言われてガックリしていない?

    ある日突然、子どもや嫁から臭いと言われて、驚きのあまり呆然とするオヤジ…

  4. 美容と健康

    白髪染めする理由の女性と男性の違いは・・・

    白髪染めはすっかりオシャレ用品として定着したようですね。リクルートライ…

  5. 立ちくらみチェック

    美容と健康

    立ちくらみは、どんなときに起きやすいチェック

    立ちくらみがする、クラクラするなどのめまいが起こる時とはどんなときなの…

  6. 手や足の冷え

    美容と健康

    手や足の冷え

    手足が冷えて眠れない、夏も手足が冷えてつらいなど、冷えになやまされてい…

最近の記事

  1. ダイエット
  2. おせち
  3. ダイエット効果
  4. 忘年会
  5. 映画カツベン

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い
  1. 美容と健康

    知って得する尿漏れ知識
  2. 日記・趣味

    前立腺肥大症検査で悶絶!
  3. 外郎売

    日記・趣味

    外郎売の台詞と上達のコツ
  4. 金投資

    マネー

    資産をコツコツ増やす金投資の入門から、大きく稼ぐ金投資の応用を教えます。
  5. 坐骨神経痛の原因と症状

    美容と健康

    坐骨神経痛の原因と症状
PAGE TOP