お金

純金積み立ての仕組みや売買・運用について

純金積み立ての仕組みやサービス、金の売買・運用などについてわかりやくまとめました。

純金積立は毎月定額で購入

現物を保管する手間がいらず、少額からでもこつこつ積み立てて金を購入できる純金積立は、誰でも手軽に始めやすい金投資方法。
純金積立は、積立預金のように毎月数千円~数万円ずつ金を購入していく投資商品。
貴金属商(田中貴金属など)、鉱山会社(三菱マテリアル、住友金属鉱山など)、商社(三菱商事など)が取り扱っています。

その仕組みは、指定の銀行口座から毎月一定金額を自動的に引き落とし、その代金で毎営業日に自動的に金を買い付けるというもの。
毎月の積立額は3000円以上、1000円単位が一般的です。(会社によって異なります)
解約や部分解約はいつでできますし、金地金として引きだすことも可能です。

運用益が受け取れるサービス

純金積立は、月々のおこずかい程度の額で少しずつ金地金を購入していくことができるで初心者にも投資しやすい。
購入した金地金は、純金積立の取り扱い会社が無料で保管してくれるので、保管のコストや手間を心配する必要はありません。
ただし、買付金額1000円につき25円程度の売買手数料や年会費を支払う必要があります。

保管している金を運用して、運用益の一部を顧客に還元する「消費寄託」と言う方法を採用する取り扱い会社もあります。
金は利息をうまない商品ですが、この方法なら利息代わりの利益を受け取ることができるわけです。

定量購入と定額購入の違い

純金積立のように、少額ずつこつこつと金を購入していくのは、一度にまとまった金地金を購入するより価格変動リスクを抑えることができるのです。
また、純金積立は毎月一定が買うを投資する”定額購入”という買い方になります。
では、同じ”量”を買うという投資方法はどうかと言うと危険をはらんでいます。

定量購入は始めから買う量を決めているので、価格が高くなったらその分高い値段で買わなければなりませんし、価格が安くなっても決めた量しか買えないことになります。
定額購入は毎月定額で買える量を買うので、金の価格が下がればたくさん買えるし、上がればあまり買わずに済むので、定量購入より効率的に金の量を増やしていけるのです。
金価格が上昇したら、当然定額購入をし人の方がトクをしますよね。

純金積立なら自動的に分散できる

純金積立は、金価格が低いときは、より多くの量の金を購入し、金価格が高い時には購入量が少なくなるので、結果的にトータルの購入コストを抑えながら、より多くの金地金を保有できることになります。
この仕組みが「ドルコスト平均法」です。

また、金価格が大幅に下落したときには、買付金額を一時的に増額できる「スポット購入」を提供している取り扱い会社もあります。
ドルコスト平均法の効果は、積立を長く継続すればするほど発揮されます。
純金積立は長期投資向きの商品といえるでしょう。

金地金の種類

金に投資するのだから、手元に現物を置いておきたいと思う人もいるでしょう。
金地金のまばゆい輝きと重みは、持つ人になんともいえない満足感を与えてくれるものです。
金の延べ棒とかバ―とかいう言葉を聞いたこともあるでしょう。

一般的に表面には、金の品質である純度を表す「999・9」が刻印されています。これは、金の純度が99・99%であることを示すもので、混じりっ気がほとんどない「純金」(ファインゴールド)であることを証明しています。

このほかにも、金地金の表面には、「商標(ブランド)」「重量」「素材」「精錬・分析者マーク」「金塊番号」が刻印されておりその金の品質を保証しています。(刻印される内容は取り扱い会社によって若干異なります。)

5g単位で自由に組み合わされる

購入できる金地金の量は最少売買単位を5gとしている会社が多いようです。
たとえば、田中貴金属店の場合、5g、10g、20g、50g、100g、200g、300g、500g、1㎏の全9種類があります。
5g単位で希望の量を自由に購入できる仕組みになっています。
ただし、選べる金地金のサイズは、取り扱い会社によって異なりますので事前に調べておくといいでしょう。

金地金はネットや電話注文

金地金は金などの貴金属取引を専門とする貴金属商(田中貴金属、徳力本店など)や三菱マテリアル、住友金属鉱山などの鉱山会社、三菱商事などの商社から購入するのが一般的。
これらの会社は、東京、大阪、名古屋など大都市圏を中心に直営店を運営しているほか、全国の宝飾店や時計店などの特約店を通じて、金地金の販売と買い取りを行っています。

自宅に居ながら注文できる

貴金属商に直接電話注文するか、インターネットで注文することもできます。
指定された日時までに購入代金を振り込み、入金が確認されると金地金が郵送される仕組みです。
この場合、通常の購入代金のほか、送料(保険料込み)が発生します。

保険付きで自宅に届けてくれる電話注文やインターネット注文のほうが安心ですし、忙しい人に大変便利です。
家に置いておくのが不安なら優良の保管サービスを利用するのもありですね。

金地金の売買における注意点について。

金地金の売買における注意点について。
取り扱い会社が提示する金地金の価格には小売価格と買取価格の2つあります。
いずれも1gあたりの価格なので、これに重量を掛けたものが購入金額となります。
一般的に買取価格は小売価格より1gあたり、50~100円安く設定されています。
この差額は、取り扱い会社の手数料に相当するものです。

500g未満なら別途手数料が必要

500g未満の金地金は、購入時や売却時にスモールバ―・チャージという手数料が上乗せされます。
会社によっても異なりますが、5~20gで1785~4200円、100g~300gで5250円~1万5750円です。

金価格は会社ごとに違います。通常、毎営業日の午前10時ごろにその日の価格を決定しますが、1日に数回見直す会社もあります。
また、スプレッド屋スモールバ―・チャージといった手数料もさまざまです。
選ぶ店や時間帯によって価格が大きく変わる可能性もあるということです。

金地金と純金積立比較

購入した金地金を長く保有するのであれば、金地金は純金積立よりも有利。
それは、金地金を5年以上保有してから売ると、課税対象となる売却益が2分の1に減額されるからです。
たとえば、100万円で購入した金地金が倍の200万円になった場合には、本来なら100万円に課税されるところですが、5年以上保有してから売却すると売却益の半額、つまり50万円にのみ課税されるので、長期保有の方がおトクといえます。

50万円以上稼ぐなら金ETFのほうが有利

一方で、金地金投資にはいくつかのデメリットがあります。
金地金の売却益は譲渡所得として扱われ、他の譲渡所得と合わせて年間50万円までなら特別控除が適用されて非課税扱いとなります。
すなわち特別控除の50万円を越えた部分は課税対象となり、所得に応じて最大40%の累進税率が適用されてしまいます。

これに対して、税制麺からみれば、金地金よりも有利なのは金ETFです。金ETFは、証券優遇税制という制度によって、500万円以下の売却益に対する税率が一律10%に軽減されています。(2011年度時点)
50万円以上の売却益を狙うのであれば、金ETFのほうがおトク。
また、金ETFには保管の手間がありませんが、現物の金地金は、手間や保管コストがかかってしまいます。

売却益が80万円だった場合

●金地金・・・80万円-50万円(特別控除)=30万円
30万円に対して最大40%の累進課税の場合・・・30×0.4=12万円

金ETF・・・証券優遇税制で500万円以下なら税率一律10%

80×o.1=8万円
以上のように課税される額が変わってくるのです。

金地金型金貨の種類

投資目的だけでなく、コレクションとしても人気の金地金型金貨。
その種類にはどんなものがあるのでしょう。

純度99.99%の金貨がおススメ

代表的な地金型金貨は、オーストラリア政府発行の「カンガルー金貨」、カナダ政府発行の「メイプルリーフ金貨」、オーストリア政府発行の
「ウィーン金貨」などです。
いずれも金の純度は99.99%。その名のとおり、カンガルーや楓の葉、音楽の都を―んを象徴する管弦楽器などがレリーフされており、投資目的だけでなく、コレクションとしても最適です。

このほか、米国の「イ―グル金貨」、英国の「ブリタニア金貨」、南アフリカの「クル―ガ―ランド金貨」なども人気ですが、この3つは純度が91.7%。
また、中国の「パンダ金貨」は、純金と銘打っているものの純度は、99.90%しかありません。買取価格も低いようです。

重さごとに4つのサイズ

地金型金貨には、重さごとに1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスの4サイズがあります。
それぞれg換算すると、約31.10g、約15.55g、約7.76g、約3.11gです。
金地金の売買単位が5gであることを考えると、より小口で購入できることがわかりますね。

比較的手軽に買えて、少しずつコレクションをふやせるという楽しみ方もあることから、こつこつ1枚ずつ地金型金貨を購入する人もいるようです。
これは、投資の観点から見ても、ドルコスト平均法を自然と実践することになるのでオススメです。

金貨の買い取り比較

地金型金貨も金地金と同じように、購入や売却することができます。
ただし、地金型金貨には鋳造の手間が掛かっているので、小売価格、買取価格ともに鋳造コストなどが上乗せされています。
そのため、小売価格は金地金よりも少々割高。売却時には、取り扱い会社が上乗せした価格で買い取ってくれるのですから、金地金に比べて決して不利ではありません。

ただし、小売価格も買取価格も取り扱い会社によって異なるので、買った時と別の会社に地金型金貨を売却した場合、その差額で損をする可能性もあります。

金貨ならスモールバ―・チャージは不要

地金型金貨の小売価格と買い取り価格のスプレッドは加工分があるので、金地金に比べると広めです。
ただし、大きい金貨ほどスプレッドは小さくなります。
なるべくコストを抑えたいなら大きめの金貨を買ったほうがいいでしょう。

また、金地金の場合、一般に500g未満の売買についてはスモールバ―・チャージがかかりますが、地金型金貨にはこれらの手数料は発生しません。
500g以上の金をまとめて購入するなら金地金、小口で購入するなら地金型金貨のほうがコスト的に有利。

取り扱い会社によっては一部の金貨の販売・買付を行っていないところもあります。
傷のある金貨は買い取ってもらえない場合もあるので、くれぐれも大事に保管しましょう。

金CFDとは

つい数年前まで、現物以外の金投資といえば、商品先物取引くらいでした。
商品先物取引とは、将来のある期日に商品を受け渡す約束をして、その「買い」の価格、または、「売り」の価格を現時点で決める取引のことです。
たとえば、金が1g4500円のときに「期日に金を5000円で買う」とした場合、期日に至らなくても価格が5000円を上回ったところで売れば、買った価格5000円との差額を利益として受け取れます。

逆に「4000円で売る」という注文を入れた場合、価格が4000円を下回ったところで買い戻せば、売った価格4000円との差額が利益になるのです。
金価格が上昇しそうな時は「買い注文」、下落しそうな時は「売り注文」をいれるのが基本。
つまり、金価格が上昇しなければ稼げない現物取引と違って、先物取引では金価格で下落しても利益を得られるチャンスがあるわけです。

商品先物取引は、一定の証拠金で何倍もの金額の取引ができるのも特徴。レバレッジ効果です。

深夜も取引でき忙しい人にピッタリ

CFDという金融商品が脚光を浴びています。
基本的な仕組みは商品先物取引と同じですが、より大きなレバレッジをかけられることや、取引時間が制限されている商品先物取引と違って、ほぼ24時間取引できることがCFDのメリットです。

CFDならば、深夜でも市場が開いているので、帰宅後に金取引ができますし、金相場がもっとも動くのは、日本時間の夕方から深夜にかけて。
その意味で金CFDは、昼間忙しいビジネスマンや主婦にぴったりの投資商品かもしれません。

オンライン証券で金CFD取引

金CFDは、インターネットで行うので、SBI証券やIGマーケッツ証券などのオンライン証券会社や、ドットコモディティなどのオンライン商品先物取引会社が取り扱っています。
これらの会社に取引口座を開設することから始めましょう。

CFDには、金だけでなく、日本株や外国株、債券、株価指数、原油など様々な価格に連動する銘柄があります。
なかには金価格に連動する金CFDを取り扱っていない会社もあるので注意しましょう。

また金CFDは、金ETFのように取引に上場する金融商品ではなく、それぞれの取り扱い会社が独自に提供している商品です。
そのため、同じ金価格に連動する金CFDでも会社によって値動きも微妙に違うことがあります。

初心者はレバレッジを抑えめに

取引口座を開設すると、それぞれの会社が独自に提供するオンラインの取引ツールで取引ができるようになります。
ツール上で金CFDの価格を確認して、上がりそうだと思えば買い注文を入れます。
価格が上昇したところで売り注文を入れれば利益が確定します。
買った時点の価格を下回ると損失が出ます。

価格が下がりそうなときに売り注文を入れます。この場合、価格が下がったところで買い注文をいれれば利益が確定、あがれば損失が発生します。

金CFDではだいたい証拠金の20倍の取引が可能です。
レバレッジを大きくすれば、値が動いたときの利益が大きくなる半面、予想に反したときの損失は膨らんでしまいます。
初心者はなるべくレバレッジを抑えめで取引を始めたほうがいいでしょう。

ピックアップ記事

  1. 耳や聴神経、脳に障害がなくても、耳鳴り・難聴・めまいが起こります。
  2. 博多織もっと身近に
  3. 民謡民舞九州北部連合大会で6位入賞
  4. ひざ・関節の痛みをやわらげるには金時生姜などの陽性食品を食べる
  5. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

関連記事

  1. セブン銀行

    お金

    ネット銀行で珍しく海外送金できるセブン銀行の口コミ

    海外送金に対応しているネットバンクはあまりなく、銀行の窓口では書類が複…

  2. お金

    知って得する、知らないと損するネット銀行便利なサービス

    ネット銀行には色々なサービスがあります。預金金利が高くなるサービスや振…

  3. お金

    1週間円預金と外貨定期がおススメの東京スター銀行口座機能や特徴、口コミ

    東京スター銀行には、円定期預金と外貨定期預金それぞれに魅力的な商品があ…

  4. ゆうちょ銀行

    お金

    ゆうちょ銀行ネットバンクサービス・特徴の口コミ

    山でも海でも離島でも日本中にATMがあるゆうちょ銀行。店舗数も日本最…

  5. 楽天銀行

    お金

    楽天銀行の口座開設メリット・口コミ

    楽天銀行口座開設のメリットはさまざまな特典が魅力的ということ。楽天銀行…

  6. お金

    地震に備えて地震保険に加入しようと思うけど、地震保険のことがイマイチ分からないですよね?

    地震って本当に多いですよね。ついこの間にも大阪で強い地震が起きて、小学…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 薄毛・白髪

    頭皮にやさしい自然派白髪染めを実際に使って調べてみました
  2. 台唐節

    民謡

    民謡初稽古
  3. 日記・思うがまま

    予習・復習
  4. 遺品の売却・買取相場

    衣類・靴の買取相場
  5. 遺品の売却・買取相場

    釣り竿の買取相場
PAGE TOP