青汁健康法

サプリメント(健康食品)

大麦若葉の健康効果・こんな不調が気になれば青汁を飲む選択肢もありです

青汁は使われている原料によって効果が変わるのをご存知ですか?
現在の青汁で使われている原料は「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」の4種類です。
この中から1つまたは2種類混ぜて作られるものが青汁です。

さて、この中で高血圧に一番効果的なものはどれでしょうか?

答えは「大麦若葉」です。
もともと青汁は「ケール」が原料だったのですが、ケールは独特な青臭さがあり美味しくない…
ということもあり、同じく栄養価が高く、味も少し甘くて飲みやすい大麦若葉が人気になったわけです。

そのため、現在は「ケール」と「大麦若葉」の青汁がほとんどです。


大麦若葉の高血圧への効果

大麦若葉には高血圧を予防するSOD酵素が含まれています。

高血圧は血圧が高い状態で、血管に圧力がかかった状態です。
高血圧が続くと、血管の壁に内側から圧力がかかり、血管の内壁が傷つき、血管が破れて脳出血や脳梗塞などの病気になってしまいます。
高血圧
特に加齢が進んだり・普段の食生活のバランスが悪いと、血管が固く脆い状態になっているので、その分血管も破れやすく脳出血や脳梗塞のリスクが高まります。

しかし、SOD酵素には高血圧を抑制する効果があり、高血圧状態のラットに対してSOD酵素を投与し続けた結果、血圧の上昇を抑制したという実験結果もしっかりと存在します。
つまり科学的にも証明されているわけです。

カリウムも効果的!

また、大麦若葉にはカリウムが含まれています。
食事でナトリウムをとりすぎると、血液中のナトリウム濃度を下げるために血液の量が増し、高血圧になります。

ナトリウムが多く含まれている食品には「梅干し」「醤油」「みそ」「ウスターソース」「いかの塩辛」「紅ショウガ」「とんかつソース」「生ハム」「きゅうりのぬか漬」などがりますが、この中で普段からよく口にしているものがあれば高血圧のリスクが高いので要注意です!

しかし、大麦若葉に含まれるカリウムは、一度血液中に吸収されたナトリウムが腎臓で吸収されることを防ぎ、尿中への排出を促すことで血圧を下げる作用があります。
このことからも高血圧の予防に効果があると言われており、食事中や食後にゴクッと1杯飲むことで、普段から高血圧の予防ができるわけです。
高血圧予防に青汁
味の濃い食べ物が大好きな方は、大麦若葉の青汁が必需品ですね。

食前に飲めば血糖値を下げる?おすすめ大麦若葉青汁

血糖値下げる
血糖値が高いと肥満症や糖尿病、肝硬変・慢性肝炎、急性膵炎、動脈硬化、心筋梗塞、歯周病、うつ病など様々な病気の原因になってしまいます。高血糖になってしまう原因としては運動不足、糖質過剰な食生活、タバコやストレスによる生活習慣などが挙げられます。

しかし、これらの原因を治そうと思ってもなかなか続かないことも多いですよね。特に「まだ大きな症状が出てないけど、健康診断でひっかかって気になり始めた」「知り合いに糖尿病になった人がいて気になり始めた」というような場合ですと、いまいち本気で取り組めないのもうなづけます。

そこで手軽に血糖値の上昇を穏やかにする方法で人気なのが『青汁』です。青汁の原料には「ケール」「大麦若葉」「桑の葉」「明日葉」などがありますが、この中で大麦若葉を使った青汁は血糖値の上昇を抑える『SOD酵素』と呼ばれる特有成分を含んでいます。そのため、血糖値を下げるなら大麦若葉青汁を選ぶのがポイント。

また、血糖値は食後に急上昇することが多いので、食事の20~30分前に飲んでおくのがおすすめ。実験によってSOD酵素が食後の血糖値上昇を抑える効果は実証されており、青汁は毎日飲むだけでいいですので、「運動が苦手な人や食生活を変えるのが難しい」「生活習慣を変えられない」という人にピッタリです。

血糖値の上昇を抑えてくれる「すい臓」は一度悪くなってしまうと元に戻すことができず、インスリン注射を定期的に打たなければいけない生活になってしまうので、気になり始めた頃が対策の時期ですよ。まずは気軽に始められることからやっていきましょう。


大麦若葉の血糖値への効果

血糖値改善効果
先ほども少し紹介しましたが、大麦若葉には『SOD酵素』と呼ばれる成分が含まれています。これは大麦若葉にしか含まれていない特有成分なのですが、糖尿病・高血圧・動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があると言われています。

糖尿病を患ったラットに対してSOD酵素成分を投与した結果、血糖値の上昇を抑制する傾向が確認され、SOD酵素の糖尿病の予防や治療に有効である可能性も示されていますので、青汁で血糖値を下げるなら大麦若葉青汁が選択肢となります。逆にそれ以外の原料を選ぶと「せっかく飲んでいるのに血糖値が下がらない・・・」ということも十分ありえますので、注意してください。

また、SOD酵素以外にも大麦若葉は食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維も血糖値の上昇を穏やかにすることで有名ですよね。「青汁が血糖値を下げてくれる」という話もここから来ています。

その他にも大麦若葉にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれていますので、血糖値を下げてくれる以外の効果として

【大麦若葉の効果】

  • 細胞の健康維持
  • 骨や歯を丈夫にする
  • 冷え性改善
  • 精神を落ち着かせる
  • 貧血予防
  • 新陳代謝の活性化
  • 免疫力回復
  • 疲労回復
  • 肌荒れ予防

などが挙げられます。全て細かく説明していると長くなるので省略しますが、これほどたくさんの効果を期待できる飲み物は青汁以外にはないでしょう。40代・50代の方で「青汁を飲み始めてから元気になった」「夜もぐっすり眠れるようになった」「身体が軽くなった」という方も多いのもうなづけますね。

食事で大麦若葉を食べることは難しいですし、かといって「仕事や家事が忙しくて運動をする時間がない」「食生活を変えてみたけど、いまいち効果があるのか分からない」「血糖値が気になるけど何から始めればいいか分からない」と悩まれる方も多いかと思いますので、そんなときは青汁から初めてみるのがおすすめです。

肥満解消におすすめの青汁の選び方

肥満解消に青汁
運動不足や食生活の偏り、不規則な生活をしているとなってしまう『肥満』は、青汁が解消の手助けになると言われています。薬ではないので「青汁を飲むだけで治る!」というような即効性の効果はありませんが、青汁に含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維が健康な体作りをサポートしてくれます。さらに、青汁の原料によっては糖の吸収を穏やかにして、肥満を防止してくれる役割もあります。

そこで今回は肥満解消におすすめの青汁の選び方をご紹介したいと思います。

青汁は大麦若葉原料のものを選ぶ

大麦若葉には血糖値の上昇を抑える『SOD酵素』と呼ばれる特有成分が含まれています。SOD酵素に関しては実際に投与実験によって血糖値の上昇を抑制する傾向が確認されています。

「血糖値の上昇を抑えるのが、なんで肥満に繋がるの?」と思われるかもしれませんが、血糖値を抑えるインスリン機能が低くなると普通よりも食事量を増やさなければ満腹感を得ることが難しく、摂取カロリーが増えて肥満につながります。

なので、SOD酵素によって血糖値の上昇を抑えることで肥満解消の手伝いになるわけです。

また、大麦若葉に含まれる食物繊維は腸の中で水分を吸収して膨張する性質があり、満腹感を与えてくれます。これによってムリなく食事量を減らすことができるので、置き換えダイエットやファスティングに用いられることが多いです。「消費カロリー > 摂取カロリー」になれば体重を減らすことができるので、運動が難しいのであれば青汁で食事量を減らしてみましょう。

「青汁はビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので健康にいい」というのは誰もが知っていることですが、実はこのように原料も考えて選べばより健康的に青汁を飲むことができます。単純にビタミン・ミネラルを摂りたいだけなら野菜ジュースでもいいかもしれませんが、食物繊維の含有量や大麦若葉が使われているのは青汁だけですので、肥満解消のために飲むのなら青汁の方がおすすめです。

糖尿病予防に効果的な飲みやすい青汁

糖尿病予防
糖尿病は自覚症状が出ることがほとんどないため「気づいたら糖尿病になってた…」なんてことも珍しくありません。

糖尿病になる原因は「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルの乱れがほとんどで、その予防法・対策方法は食事療法が効果的と言われています。

食事で摂った糖をインスリンの分泌によって分解するのですが、そもそも日本人は欧米人よりもインスリンの分泌量が少ないのに、食事が欧米化してしまったことによって糖尿病になる男性が急増したわけです。
なので、食生活を改善することで糖尿病予防になるわけです。

しかし、現実的に考えて、食事だけで糖尿病予防って難しいですよね?
早い話が「和食に近い食べ物を毎日食べる」という話ですが、現代のライフスタイルでは欧米化した食事を口にしないのはほとんど不可能です。
自宅で徹底するのもメニューや食材選びを考えると、これから何年・何十年も継続させることはほとんど不可能です。

そこで、効果的なのが「青汁」。
青汁ならただ飲むだけでOk・コストも1杯80円~90円ほど・毎日続けやすいというメリットがあります。

糖尿病予防に大麦若葉青汁の青汁を!

青汁を原料別に大別すると「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」の4つにわけることができます。
この中で糖尿病予防に効果的なのは大麦若葉の青汁です。

大麦若葉にはSOD酵素が含まれており、血糖値の上昇を抑える効果があります。
実際に糖尿病を患ったラットへの投与実験も行われており、科学的に効果が証明された成分ともいえます。難消化性デキストリンは食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。
血糖値ダウン
さらに、大麦若葉は食物繊維をたくさん含んでいるため、血糖値の上昇を緩やかにすることで糖尿病予防の効果を高めてくれます。

普段の食生活の改善も大切ですが、男性だとどうしても付き合いでの飲み会やタバコがあったり、外食の機会が多いかと思います。
こういったものも仕事では大切なことですから、無くすわけにもいきません。
ですから、普段から大麦若葉の青汁を摂ることで、効率よく糖尿病予防ができるわけです。

難消化性デキストリンが糖尿病予防サポート

難消化性デキストリンは糖の吸収を穏やかにしてくれる成分です。トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維なので、身体に取り入れても安全です。効果もしっかりと実証されているので、食後の血糖値上昇が気になる方におすすめされています。

しかし、難消化性デキストリンを含んでいる青汁は非常に少なく、有名なメーカーで発売しているのは大正製薬ぐらいです。大正製薬では「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁」という商品名でトクホ(特定保健用食品)として販売されており、「血糖値が気にならなくなった」という口コミが集まるほどの人気。

大麦若葉も原料として使われているので、SOD酵素と難消化性デキストリンのダブル効果で血糖値の上昇を抑え、健康的な身体をゲットしましょう!

動脈硬化の予防に最適な飲みやすい青汁

動脈硬化は生活習慣病に含まれるほど身近な病気で、ある日突然死んでしまってもおかしくない病気の一つです。
動脈硬化自体に症状はなく、少しずつ悪化していくことで血管が詰まり、「脳梗塞」や「心筋梗塞」を引き起こしてしまうわけです。

なので、他の病気と比べても、特に普段から予防しておくことが大切で、その予防方法に青汁が最適だと言われています。

普段の食事も大切ですが、食事だけだと調理方法によっては十分な栄養が摂れなかったり、「毎日必要な野菜量を満たすための莫大なコスト」「調理の手間」などを考えると、毎日予防するのはかなり大変です。
一方、青汁なら毎日1杯飲むだけなので非常に続けやすく、栄養も的確に補え、コストも1杯80円~90円程度というメリットもあります。

そう考えると、普段の食事に青汁を補ってあげることが、これから何年・何十年と健康に生活するためのポイントとなるわけです。

動脈硬化予防には大麦若葉の青汁

現在は様々な種類の青汁がありますが、使われている原料ごとに分ければ「ケール」「大麦若葉」「明日葉」「桑の葉」の4種類に分けることができます。
この中で動脈硬化予防の効果があるのは「大麦若葉」の青汁です。

そもそも、なぜ動脈硬化が起きるのでしょう。
動脈硬化とは動脈の弾力性がなくなり、硬くなった状態のことをいいます。

血管は本来弾力があるのですが、動脈の内壁に悪玉コレステロールが付着することで壁が厚く・硬くなります。
この悪玉コレステロールは、活性酵素が中性脂肪やコレステロールと結びつくことで増加すると言われています。
動脈硬化を予防

しかし、大麦若葉に含まれるSOD酵素には動脈硬化の原因のひとつである活性酸素を除去する力を持っているため、動脈硬化の予防に効果があると考えられています。
そしてSOD酵素を含んでいるのは”大麦若葉だけ”なので、動脈硬化予防なら大麦若葉の青汁が最適というわけです。

さらに、50代・60代となってくると血圧が高くなり高血圧にもなりやすくなります。
高血圧になると動脈硬化と合わさって、より脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなってしまいますが、SOD酵素には高血圧を予防する効果もあるので、合わせて生活習慣病の予防をすることができます。

ピックアップ記事

  1. 佐賀県PR動画「あさご藩」
  2. 口の中がネバネバする人の口臭は強い原因を調べました
  3. アップルハート福岡南さんで朗読劇
  4. 花粉症に感染しやすい人と感染しにくい人の違いを調べてみました。
  5. 爪の縦すじ、二枚爪で悩んでいませんか?

関連記事

  1. 前立腺炎

    サプリメント(健康食品)

    前立腺炎にケール青汁を飲んでいる人が多い?

    僕が前立腺がん治療で通院していたころ、患者さん同士で話に花が咲くのは持…

  2. 青汁のすすめ

    サプリメント(健康食品)

    青汁は団塊世代の健康食品としておすすめ?青汁を通販で取り寄せ20年の感想

    70歳になった途端に病院通いが増えたのは僕だけかな?健康を意識した50…

  3. サプリメント(健康食品)

    免疫力がアップすると健康番組でも紹介されたブロリコの評判

    ブロッコリーが長寿や美容によいと健康番組などで紹介されてから、ブロッコ…

  4. 美肌に青汁効果

    サプリメント(健康食品)

    便秘改善や美肌つくりの内面美容に青汁はいいようです

    僕の奥さんは62歳。乾燥肌になりやすい体質なので、お化粧法には気を使っ…

  5. サプリメント(健康食品)

    妻が太るために酵素を飲んでその後の経過

    妻が胃がんを寛解してから5年は過ぎますが、体重を増やしたいと食事制限無…

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 佐賀タンス長持ち唄
  2. 突発性難聴
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

ツイッターで暇つぶし




  1. 遺品整理

    遺品整理・生前整理・特殊清掃

    遺品整理業者に依頼した場合の費用相場と作業時間
  2. 婚活~結婚

    結婚式の日取りや披露宴のコンセプトは早めに決める
  3. 口の中がネバネバする人の口臭は強い

    病気と健康

    口の中がネバネバする人の口臭は強い原因を調べました
  4. 帯買取

    遺品の売却・買取相場

    名古屋帯・袋帯・丸帯など買取相場
  5. 株主優待

    お金

    予算に合わせて選ぶ人気優待銘柄はコレ!
PAGE TOP