ベンチャーズヒット曲にトライ!

僕の師匠

バンド仲間

僕のお師匠さんを紹介します。

インフォメーション

博多で活躍するジャズギタリスト:柳武史雄さんです。
基本を丁寧に教えてくれて、下手な僕にも根気よく付き合って、イロイロな奏法を教えてくれています。

7弦ジャズギタリスト 柳武史雄先生プロフィール

柳武先生は13才よりギターを始め、さまざまなジャンルでのバンド活動を経験し、ラジオで耳にしたマイルス・デイビス(tp)の演奏に感銘を受けジャズに目覚める。

1991年、ジャズドラマーYAS岡山氏とピアニスト岩崎大輔氏が定期的に行っていたジャムセッションに参加。
そこでジャズのエッセンスを吸収した後、ジャズギタリストとしての活動を開始する。
ビッグバンドの「スイング・ストリート・ジャズ・オーケストラ」在籍時には、二度のブルーノート・フクオカへの出演と浅草ジャズ・コンテストでの入賞を果たす。
リリカルかつダイナミックな演奏を身上とし、近年では7弦ギターを使用した  ソロ・ギターにも取り組んでいる。

現在は、医療の傍ら精力的な音楽活動を長年続ける「ドクターズ」の原田迅明(ds)、升井一朗(b)両氏とのトリオと、 中村健(ds)、井上裕章(p)、Saku(b)というメンバーによるカルテットの二つのバンドを中心に活動中。

これまでに、村上ポンタ秀一(ds)、KANKAWA(org)、日野元彦(ds)、
坂井紅助(b)、内田浩誠(p)、
野田正純(org)、Will Matthews ( g /カウントベイシー・ジャズオーケストラ)、TOKU (vo,flh)、菊丘ひろみ(vo)、丈青( pf / Soil & “Pimp” Sessions )等の素晴らしい国内外のミュージシャンとのライヴ、セッション、サポートを経験。