モナコの基本情報

モナコに入国する際の関税・税金、生活について色々

入国手続き

・フランスからモナコに入国する場合は、入国手続きは不要です。

関税について

・通貨の持ち込みは現地通貨・外貨共に無制限です。
但し、持ち出しは現地通貨・外貨ともに7600ユーロまでなので、外国通貨は入国時に申請しておいてください。

時差について

・日本との時差はマイナス8時間。日本時間から8時間を引くとモナコ時間になります。サマータイムはマイナス7時間でモナコ時間となります。

税金について

・外国からの旅行者が一つの店で、約175ユーロ以上の買物をすると約12~20%の付加価値税免税の制度があります。
・手続きは
1)購入時にパスポートを提示し、お店で書類を作成してもらう。
2)ヨーロッパ域内の最終出国の空港税関で書類と購入した商品を見せて手続きをします。
3)税関のスタンプが押されたピンクの用紙を所定の封筒に入れて、税関窓口の専用ポストに投函。
そうすると後日(1~2週間前後)には小切手が送られてきます。クレジットカードの場合は、カードの口座に自動的に振り込まれます。

電話をかける

・テレホンカード式の公衆電話が普及しています。
郵便局やタバコやスーパーなどで販売しています。
まあ今では携帯電話も日本から持ち込んでかけれらる時代ですからさほど電話には困りませんね。
■日本からモナコへ電話をかける場合
・国際電話会社の番号(001・0033・0041など)+010+377+相手の8桁の電話番号
国際電話の代表格!KDDI001国際モバイルトークは、事前に登録しておくだけでお持ちの<携帯から気軽に手軽に国際電話!24時間均一料金!しかも登録は無料!
■モナコから日本へ電話をかける場合
・国際電話認識番号00+日本の国番号番号81+相手先の電話番号(市外局番の0をとること)

郵便について

・モンテカルロ郵便局を利用します。日本への郵便は、当然エアメール。
ハガキと封筒は20gまで0.9ユーロ。
・営業時間は、月~金(Am8:00~Pm7:00)・土(Am8:00~Pm12:00)

両替について

銀行や主要なホテルで両替ができます。
またモンテカルロ駅や市内の両替所は日曜・祭日も営業しています。

ビザ(査証)について

・3ヶ月以内の滞在であれば観光・ビジネスともにビザは不要です。入国時にパスポートの残存期間が3ヶ月以上は必要ですのでご注意ください。
もし、3ヶ月以上滞在する場合はフランス大使館で確認をしてください。
在日フランス大使館ホームページ http://www.ambafrance-jp.org/

電圧について

日本製の電化製品を使用する場合にはフランス用と同じプラグアダプターが必要です。
220ボルト・50Hz。
・下記のようなセットがインターネットでも購入できます。
僕はインターネットができるツールを購入しました(下記写真約9000円)

フランス用アダプター


変圧器はこちらで色々検索できます。

滞在中の生活・食事

ホテルに宿泊されるでしょうから、ホテル内はもちろん周辺には、カフェやレストランがたくさんありますので、困ることはありません。
海岸沿いを歩いていくと、モナコの人たちが利用してりるスーパーなどもあります。日曜・祝日は休みです。
英語とフランス語・イタリア語どちらでもOKです。
ホテルやタクシーを利用した時などチップが気になりますが、タクシーは料金の5%くらいが相場で、ホテルは1ユーロ。
レストランではサービス料に含まれていますのでチップを払う必要はありません。