モナコ快適旅行情報

海外旅行の時差ぼけ解消

楽しかった海外旅行から無事に帰宅すると、ほっとひと息付きたくなるもの。旅行中に気を使った健康への注意や体調管理も終わりと思いたいところですが、まだアフターケアが必要です。

帰ってから数日、二週間、二か月を目安に、出発前と比べておろそかになりがちな帰国後の注意点を探ってみましょう。

帰ってきたときの時差ボケ。長年住んできた日本の生活サイクルに戻すだけなので、旅先より楽に解消されそうな気がしますが、「そんなことはないです。旅行先の時差に適応していた場合、もう一度同じように修正が必要です。」と時差ボケに詳しい日本航空インターナショナル健康管理室」の松永直樹医師は語ります。

時差ボケは、体のリズムを刻む体内時計と実際の生活時間のずれが原因。個人差はありますが、米国からの帰国など西方飛行の場合は1日に約90分ずつ、欧州からの帰国など東方飛行の場合は1日約60分ずつ、時差ボケに適応していきます。後者の方が体がきついとされます。

睡眠障害や体調不良、疲労感、ぼんやりするなどの症状が続く日数は適応日数より少し短く、「西方飛行の場合は時差の数字の約半分の日数、東方飛行の場合は約3分の2の日数」だといいます。

たとえば時差9時間(時差15時間の場合も、24時間から15を引いて9時間として計算)なら西方は約4、5日、東方は約6日となります。この間は、車の運転や細かい作業などは注意した方がよさそうです。一般に時差ボケ解消には昼間に日光を浴びて体内時計を調節するのが有効とされます。