モナコ観光おすすめスポット

モナコF1グランプリは何度観戦してもエキゾーストなのだ

モナコF1グランプリは毎年5月末に開催されるので、観戦を楽しみに行くのですが、チケットを取るのが大変です。それで観戦ツアーを利用するのですが、これがまた高額。

モナコの住人にとっては稼ぎ時

F1レースはモナコ市街地を走るので、沿道には凄い見物客です。そして凄いな~と思ったのが、沿道に立ち並ぶマンションの住人が、その自分の部屋を観客席にして貸し出しているのです。相場は1人3万~5万円。
1部屋に5人がゆっくり入れば、約20万円前後稼ぐことになります。
モナコグランプリのレースそのものは4日間です。モナコの平均年収は約300万円弱ですから、この4日間の稼ぎでその三分一は稼ぎます。

こんなことをする人は必ずしも富裕層な人ではありません。

沿道にマンションを持っている人の年収は軽く〇千万円~〇億円以上ですから、損なことしないででもいいのですが、富裕層ではない人がそういうことをやっているという話です。(笑)

モナコグランプリの楽しみ方

毎年開催されるモナコF1グランプリのスタート地点は、開催期間を除いて、あの興奮が何事もなかたっような静けさを取り戻します。グランプリが終了して間もないので、タイヤの焦げ後が生々しく残っています。(下写真)
F1スタート地点
モナコF1グランプリ大会期間にエルキュール港に船舶を係留するのは、5日間5万ユーロ(約795万円)が相場。希望者が殺到し、港内はクルーザーでひしめきあう。(写真下)

F1グランプリ
ヨットをみるとわかりますが、5万ユーローもたいした金額ではないと言っているようです。(笑)
モナコは、セキュリティも安全で徒歩でもゆっくり散策できる。
行きかう人々はとても気さくである。

F1マシーンがホテルの玄関前を走るファモントホテルの予約は1年前にしないとダメですね。
カレドールに近いフレンチリビエラの豪華ホテルのです。
豪華客船を思わせるこの 602 室のホテルは、モンテカルロ カジノのすぐ下の水辺に建っています。カレドールまで 100 m の地点にあります。

FIシリーズ第5戦、モナコ・グランプリ(GP)は5月中旬から下旬にかけて、モンテカルロで開幕します。

米インディカー・シリーズのインディアポリス500マイル(通称インディ500)、ルマン24時間耐久レースとともに、世界3大レースと称されるモナコグランプリ。

F1最難関のコースで高度なテクニックが要求されるうえ、モータースポーツ界の最高の舞台で、競技としてだけでなく社交の場としても名高いモナコGP。

モナコGPはほかのどのGPとも違います。街角をFIマシンが走りぬけ、地中海に浮かべたクルーザーから観戦することもできます。モナコ大公が主催するパーティーには世界中からセレブが集合。

F1グランプリ
モナコで勝つことはレースのあこがれで、特別の栄誉があります。

がけと海に挟まれたモンテカルロは、高層マンションや邸宅、ブティックなどが隙間なく立ち並んでいます。1周約3,34キロのコースは一般道です。

フェアモントホテルの真下をF1マシーンが駆け抜けます!(写真下)

F1グランプリ
片側1車線の続く道を、センチ単位の正確さでFIマシンが通過します。

F1グランプリ
優勝者の平均速度で比較すると、最も高速のイタリアGPが250キロ近いのに対し、モナコGPは150キロを上回る程度にまで落ちます。

F1グランプリ

わずかなミスでも事故に直結するため、ドライバーは極度の集中力と最高の技術を要求されます。

年間王者に3度輝いたネルソン・ピケ(ブラジル)はモナコでは勝てず「居間でヘリコプターを飛ばすようなものだ」と嘆いたといいます。

困難なこのコースで優勝を重ねると「モナコ・マイスター(職人)」と称されます。

アイルトン・セナ(ブラジル)は出走10回で6勝、表彰台には8回立ちました。「ミスター・モナコ」とも呼ばれたグラハム・ヒル(イギリス)、ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ)が5勝でセナに続きます。1929年、モナコ自動車クラブが開いたレースがモナコGPの起源で、50年に始まったF1シリーズより歴史が長い。

市民にとっても年間最大の行事。レース嫌いの人は脱出するけれど、自宅のバルコニーから見る人が多いようです。街は爆音とお祭騒ぎに包まれます。

F1グランプリ
最高級ホテルは1泊150万円になり、洋上観戦に欠かせないシャンパンは注文が殺到、沿道のレストランで観戦すると一人10万円を超えることもあります。

2004年には約3500万円のダイヤモンドを埋め込んだモナコ専用車が出走しましたが、クラッシュして車体が大破、ダイヤは行方不明になって大騒ぎになりました。

フランスの詩人、ボードレールが「何事も美しく、ぜいたくで、穏やかだ」とたたえたモナコ。夢の国が世界で最も華やかな週末を迎えます。

市街街地コースでカーブが多いためレース中のシフトチェンジは3000回を超えます。(写真下)

エンジン内部の温度は1000度に達します。コックピットのドライバーも多量の発汗で約3キロ体重が減るそうです。

F1グランプリ
世界3大レースをすべて制すると、トリプル・クラウンと呼ばれる。過去に達成したのは、
グラハム・ヒルだけ。

ホンダのジェンソン・バトンらモナコ在住のドライバーも多い。自宅のあったセナは88年モナコGPで優勝目前でリタイアし、そのまま自宅に帰ってしまったという。

モナコGP以外は金曜から日曜までの開催だが、モナコGPだけ変則的な日程になります。

開幕は木曜で金曜は公道が開放され、土曜に公式予選、日曜に決勝を行います。

2018年レース開催日程

  • FP1開始日時:2018年5月24日(木) 18:00
  • FP2開始日時:2018年5月24日(木) 22:00
  • FP3開始日時:2018年5月26日(土) 19:00
  • 予選開始日時:2018年5月26日(土) 22:00
  • 決勝開始日時:2018年5月27日(日) 22:10

※宗教上の理由で金曜は休むといいます。