民謡

引き声を勘違いしていた

民謡レッスン中

今日は民謡のレッスン。先生によると昨日、一昨日と2日間にわたって人吉市で九州民謡大会が開催されたそうです。数百人規模による大会だったらしく、自分が稽古している五馬の駄賃どりを唄った諸氏もいるとか。人の唄を聴くのも勉強になるしこういう大会に見学に行きたかったな~。

お土産のお饅頭もいただいてレッスン開始。練習していて、発生にどうしても納得でいいないところがあってモヤモヤしていtが、畑先生から引き声の使い方を間違っているところが指摘されて、モヤモヤが解決^^

やってみると、力んで無理して出していた声が、引かずに出すと、あ~ら不思議、というか、力まずに出せるようなった。このフレーズ部分はしっかり練習しないとお題目がボヤけるので、教えてもらってよかった。

それと大きく口を開けて唄う。
基本的なことを忘れちゃダメですな~。