王妃グレース・ケリーの生涯

グレースケリーの誕生

1956年4月12日。
モナコの沖合いに到着した一隻の客船は、モナコ公国のプリンセスとなる女性を運んでいました。

白い大きな帽子を目深にかぶったその女性はモナコのプリンセスとなるにふさわしく花のような美しさと気品をただえていました。
モナコの象徴として輝き、人々に慕われたプリンセス。
彼女の名前はグレース・ケリー。

グレースケリー映画女優からモナコ公妃になったグレース・ケリーの生涯とグレース・ケリーが愛したゆかりの地モナコを紹介しています。
*当サイトで紹介してる写真は、一部を除きサイト運営者がモナコで撮影しています。

本名は、グレース・パトリシア・ケリー。
1929年11月12日米国フィラデルフィアで、ケリー家の3番目のこどもとして生まれました。

父は独力で成功した億万長者でオリンピックのボート競技で金メダル選手で、母はドイツ人で元モデル。
グレース・ケリーが生まれた頃のケリー家は高級住宅街に暮らす典型的な上流階級の家庭でした。

グレースの美貌は両親から受け継いだもののようです。
母はモデル出身、父も映画デビューの噂がたつほどのイケメンだったといいます。

厳格で絶対的な父母のもと、子どもたちは従順な優等生として育てられました。3人姉妹中でも真ん中のグレースは控えめで、おとなしく、一番不器用であったといわれています。

父の遺伝子を継いでスポーツ万能だった姉や兄に対し、ひとりで人形遊びをしながら空想の世界にひたることを好んだというグレースを、両親はあまり評価していなかったようです。

女優への夢に両親は反対

少女時代のグレースが夢中になったのはバレエと演劇。
10代の始めには「女優になりたい」という夢を抱き始めていました。
両親は反対しましたが、グレースが自分の意志を通し両親を説得。

そして、高校卒業と同時に、ニューヨークのアメリカン・アカデミー演劇学校へ進学しました。

モデルやCMのアルバイトをしながら演技の勉強を続けてきたグレース
長身でスリムなグレース。
ケリーは、舞台よりも映画で注目されるようになります。

ゲイリー・クーパー主演の「真昼の決闘」(1952年)に出演。
その後も映画界からのオファーが相次ぎ、その整った顔立ち、輝くブロンド、気品、孤高のスタイルから“クールビューティー”と称されました。

同時に、共演する俳優をととりこにし次々と恋に落ちる、恋多き女性でもありました。

グレースの女優としての評価を決定づけたのは、サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒチコック監督との出会いでしょう。
ヒチコックとの最初の作品は「ダイヤルMを廻せ!」。

この作品の人妻マーゴ役に、ヒチコックは、貞淑なイメージの内側に、燃えるような官能性、情熱を秘めた女優を求めました。
グレースは、ヒチコックの理想のヒロイン像にピッタリだったのです。

次の作品「裏窓」で演じたのは、ニューヨークのファッションモデル、リザ。
ファッショナブルな着こなし、あの手この手で恋する報道カメラマンの気を引こうとするリザを、茶目っ気たっぷりに演じるグレース。
グレースはヒチコック作品に欠かせない女優となっていました。

>>次は、『グレース・ケリーの将来を暗示した作品』のできごとを見る